[空目アワー] Mashup Award 5 にエントリーしてみました

Mashup Award 5 にエントリーしてみました

先日、Twitter APIで、「空目アワー on Twitter」というサービスを作ったのですが、このサービスをMA5 (Mashup Award 5)にエントリーしてみました。

  • 空目アワー on Twitter

また、アルファー版ということで開発途上なのですが、Twitterで@kotarooさんに、「参加することに意義がある!」とのことなので、参加してみることにしました(^^;)

“[空目アワー] Mashup Award 5 にエントリーしてみました” の続きを読む

Amazon Product Advertising APIへ対応する(PEAR)

Amazon Product Advertising API

Amazonのアフィリエイト用WEBサービスの名前が、「Amazon Associates Web Service 4.0」から「Amazon Product Advertising API」と変更となり、さらには、今後は使用するのに署名認証が必要となりました。

いままで使っていたマッシュアップや、WEBサービスのスクリプトを変更する必要があります。

私の場合、PHPのPEARライブラリでしたAWSを使用していなかったので、比較的簡単に移行することができました。

まず、スクリプトの変更の前に、新しい署名認証のための「Secret Access Key」を取得する必要があります。

まず以下にアクセスします。

そこで、下図のように「Your Account」から、「Access Identifiers」を選択します。

Amazon Web Services(Yout Account)

“Amazon Product Advertising APIへ対応する(PEAR)” の続きを読む

楽天WEBサービスに楽天トラベル系API 新機能追加&新API追加

楽天API

楽天WEBサービスに、楽天トラベル系APIと新機能が追加されたそうです。

  • RWS開発日記 — 楽天トラベル系API 新機能追加&新API追加のお知らせ - 楽天ウェブサービスの開発・運用チームのブログ

まずは、

  • 楽天トラベルキーワード検索API ホテルチェーン機能追加

楽天トラベルキーワード検索APIにおいて、新しくホテルチェーンによる絞込みが可能となる入力パラメータが追加されました。

楽天APIに新ブックス系APIリリースとトラベル系に機能追加

楽天APIに新ブックス系APIリリースとトラベル系に機能追加

楽天APIにて、楽天ブックス系で新しく9APIリリース、トラベル施設情報APIで機能追加がされています。

  • RWS開発日記 — 楽天ブックス系API 9APIリリース&楽天トラベル施設情報API 機能追加 のお知らせ - 楽天ウェブサービスの開発・運用チームのブログ -
  • 【楽天ウェブサービス】RAKUTEN WEBSERVICE

新しい楽天ブックスAPIは以下の通り。

“楽天APIに新ブックス系APIリリースとトラベル系に機能追加” の続きを読む

楽天APIの商品検索・トラベルキーワード検索で機能強化

楽天WEBサービスで、機能強化が発表されていました。

  • RWS開発日記 – 楽天商品検索API、楽天トラベルキーワード検索API 機能追加のお知らせ - 楽天ウェブサービスの開発・運用チームのブログ -

機能強化されたのは、

の2つ。

楽天商品検索APIでは、購入種別というデータが取得できるようになったとのこと。

これまでの検索結果から、通常購入・定期購入・頒布会購入の商品を絞り込むことができる機能です。
※定期購入とは、お客様の欲しい商品が欲しいサイクルで買えるサービスです。
※頒布会購入とは、ショップがセレクトした商品を、ショップが決めた回数でお届けするサービスです。
より細かな購入形式のニーズに対応したサイト作りが可能になることと思います。

“楽天APIの商品検索・トラベルキーワード検索で機能強化” の続きを読む

楽天商品ランキングAPIがリリース

 楽天ウェブサービスが、「楽天商品ランキング」のAPIをリリースした。

  • RWS開発日記 – 「楽天商品ランキングAPI」リリースと新機能追加のお知らせ - 楽天ウェブサービスの開発・運用チームのブログ

 

「楽天商品ランキングAPI」は、
楽天市場内のコンテンツである「ランキング市場」の情報を取得することができるAPIです。
総合ランキングだけでなく、ジャンル別・年代別・性別といったランキングも取得可能です。

とのこと。

 また、商品検索APIについて、「標準順」でのソートが可能になった。

とのことである。

 

Yahoo!検索、Yahoo!カテゴリのWebAPIドメインが変更に

 Yahoo!デベロッパーネットワークで提供しているWebAPIのドメインが、yahoo.co.jpからyahooapis.jpに変更されたようです。

 Yahoo! WEB APIを使用してマッシュアップサイト等を作成している人は、変更が必要になってきます。

 変更になったのは、以下のAPI。

  • ウェブ検索API(Yahoo!検索)
  • 画像検索API(Yahoo!検索)
  • 動画検索API(Yahoo!検索)
  • 関連検索API(Yahoo!検索)
  • ディレクトリツリー(Yahoo!カテゴリ)
  • ディレクトリサーチ(Yahoo!カテゴリ)

 しばらしくは、旧URLでも使用可能と言うことらしいですが、数ヶ月後にはアクセス不能になるようです。

 詳細は以下のサイトでご確認を。