関連記事を表示してくれる「Yet Another Related Posts」プラグイン

WordPress

先日まで、関連記事の表示のプラグインは、「Similer Post」を使っていたのですが、どうもしっくり来ないので、「Yet Another Related Posts Plugin」に切り替えてみました。

このプラグイン、何がいいのかというと、日本語が対応している!(そんなに珍しくない(^^;)?)

で、このプラグインを入れるとどのような画面が出てくるのかというと、下図のように、関連する記事を表示してくれます。

関連記事が表示される

こんな風に、今見ている記事と関連する記事を列挙してくれるわけです。

で、実際にプラグインをインストールしてみると、以下のように設定画面で設定できます。
日本語で!!

フィルター設定

フィルター設定

関連記事でこのカテゴリーやタグが付いた記事を表示しない、などの設定ができます。

関連スコア設定

関連スコア設定

関連記事をどのように抽出するかを設定するかを設定します。タイトルで抽出するのか、タグで抽出するのか?という、重み付けですね。

表示設定

記事にどのように表示するかを設定します。

デフォルトでは、<ol><li></li></ol>でのリスト表示だったのですが、
私の場合、<ul><li></li></ul>にしました。

表題も変更できます。

表示設定(RSS/ATOMフィード用)

RSS表示設定

関連記事の表示をRSS/ATOMで表示するかどうか?という設定です。

最後に、

詳細設定

詳細設定

キャッシュ状況を表示します。

こんな感じに↓

キャッシュ状況

「build the cache now」を押すと、キャッシュ作成を始めます。

キャッシュ作成中

そして、このプラグインは、ウィジェットにも対応しています。

↓こんな感じでウィジェットで使えるようになります。

widgetでも使える

これはなかなか便利なプラグインですね~。

これからいろいろ関連スコア設定などを試して、最適化してみたいと思います。


WordPress逆引きデザイン事典