Internet Explorer 8 をインストールしてみた

今日、Internet Explorer 8 (IE8)がリリースされたと言うことで、早速インストールしてみた。

Internet Explorer 8 をインストールしてみた

以下のページからダウンロードできるようになっている。


IE7の時のように、インストール時にこけたりはしなかったが、いちを正常にインストールできたようだ。

IE8では、以下のようなものが刷新されたようである。

IE 8ではレンダリングエンジンが大幅に改良され、HTMLの解析やCSSの処理、JavaScriptの実行などさまざまな場面でパフォーマンスが向上したほか、Web標準技術との互換性も向上している。
加えて、使い勝手を高めるさまざまな機能を新規搭載している。アドレスバーでは履歴やお気に入りを検索可能になったほか、検索ボックスにはキーワードの一部を入力するだけで検索候補を表示できるサジェスト機能を追加。また、特定の条件により関連するタブを自動で色分けし、同じグループのタブのみをまとめて閉じることができる“タブグループ”機能が追加された。

Windows用ウェブブラウザーの最新版「Internet Explorer 8」(IE8)の正式版が、20日2時から公開される。マイクロソフトのウェブサイトで提供され、対応OSはWindows Vista/XP、Windows Server 2003/2008。
IE8は従来のInternet Explorer 7の後継として、「レンダリング速度の向上」と「Web標準との互換性」を重視して開発されたウェブブラウザー。特にレンダリング速度についてマイクロソフトは、Internet Explorer 6と比較して7倍高速としている。その一方で、既存のInternet Explorerとの互換性も図られている。
また、「アクセラレーター」と称する新しい機能が導入されている。従来まではウェブページ上の文字列を選択して、コピー&ペーストで検索していたような操作を、アクセラレーターを使うことで、他のウェブページを開くことなく、そのページ上から関連情報を検索できる。アクセラレーターには、すでに「Yahoo!辞書」や「goo辞書」「価格.com」「eBay」「Wikipedia」などが対応している。

ふむふむ・・・

他にもIE8について言及している記事はたくさんある。


で、早速ブラウジングしてみたのだが、、、謳っているほど、速度はでない・・・(^^;)

XHTMLやCSSの解釈はかなりFirefoxに近づいた、というか、正しい判断をしているようである。

IE8のDOCTYPEスイッチに関することは以下のページでまとめられている。


  • hxxk.jp - DOCTYPE スイッチについてのまとめと一覧表 (HTML 5 や IE 8 Beta 2 のモードスイッチなどの情報も含んだ 2008 年版 )


きちんとしたDOCTYPEのスイッチをしてもらいたいものです・・・・

まぁ、やはり今の時代、ブラウザがAjax等のJavascriptをどれくらいの早さでレンダリングできるか、というのが鍵になっていますが、IE8ではまだまだ、という感じです。

今の私のブラウザの使い方としては、

通常のブラウジング → Google Chrome

XHTMLやCSSのコーディング確認用などは、Firefix

その他、ログインなどが必要になったときはIE

といった感じだろうか。

私はログイン情報などは、ロボフォームというソフトで管理している。


このソフト、便利なのだが、いかんせんIEとFirefoxしか対応していない。。。

これがChromeに対応してくれれば言うことなしなんだが。。。(^^;)

ということで、、、IE8も、ちょっと期待はずれかな、と。