XMLサイトマップの送信は本当に役に立つらしい

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

このブログでもXMLのサイトマップを作成し、Google WebMaster toolsに送信しているのだが、いまいちこのXMLのサイトマップというのは、SEO的にも役に立っているのか?という疑問がありました。

当ブログでは、Google XML Sitemapsというプラグインを使ってXMLサイトマップを作成しています。

それで、以下の記事にて、XMLサイトマップがどのような挙動になっているのかと言うことを検証されています。


この記事によれば、結論的には、XMLサイトマップを送信した方が、サイトやページを公開してから、Googleなどのクローラーが巡回してくるまでの時間が明らかに短縮されたと言うことなのである。

たとえば、Googleの場合、サイトマップを送信しなかった場合、クロールまでに1375分かかっているのに対し、サイトマップを登録した場合、14分という時間でクロールに至っていると言うことらしいのだ。

ただし、注意事項としては、

通常のクロールに何の問題もないことがわかっているサイトに関しては、XMLサイトマップを送信することをお勧めする。クロールとインデックス化にかかる時間が短縮できるからだ。リンク構造が適切かどうかはっきりしないサイトの場合には、サイトマップを登録しないほうがいいだろう。

ということらしい。

通常のCMSなどでブログやサイトを作っているならば、リンク構造がはっきりしないと言うことはあまりあり得ないので、基本的にはXMLのサイトマップは送信した方がいいということですね。