EclipseでSubversionを使う

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

私は、PHPの開発をEclipseを行っているわけですが(PHPEclipse)、今までバージョン管理なんてやってませんでした。が、必要に迫られ、バージョン管理することにしました。

そこでバージョン管理ソフトでは有名なSubversionを使うことにしました。で、Eclipseで使うには、「Subscripseプラグイン」。

では、その設定方法から。

「ヘルプ」>「ソフトウェアの更新」>「検索及びインストール」を選択する。

次に、「インストールする新規フィーチャーを検索」にチェックを入れ、「次へ」を押す。

そしたら、下図のような画面が出てきます。

「新規リモートサイト」を押します。

新規更新サイトの入力欄に、

「名前」:任意
「URL」:http://subclipse.tigris.org/update_1.4.x

を入力し、OKを押します。

下のような画面になるので、Integrations(optional)のチェックをはずしておきます。「次へ」を押します。

ライセンス画面がでるので、同意し、「次へ」を押します。

インストールするフィーチャーの一覧が表示されるので、「終了」を押します。

インストールが進みます。。。

次の画面も「すべてインストール」を押します。

インストールが終了すると、再始動を促されますので、Eclipseを再始動します。

これでSubscripseはインストールが終了したので、まずはEclipseの画面から「SVNリポジトリー・エクスプローラ」を開きます。

SVNリポジトリーの追加アイコンをクリックし、リポジトリ追加ウインドウを出します。

URLにリポジトリーのフォルダへのパスを入力します。

ローカルマシンの場合、「file:///C:/repos」という風に入力します。

下図のように、リポジトリーロケーションが追加されます。

これでリポジトリーの設定はできたので、通常の?パースペクティブ画面に戻ります。

ナビゲーターウインドウに各プロジェクトが並んでいると思いますが、バージョン管理したいプロジェクトを右クリックします。

「チーム」>「プロジェクトの共用」を選択します。

リポジトリタイプの選択が出てくるので、「SVN」を選択します。

リポジトリーロケーションの選択が出てきますので、先ほど登録したリポジトリーを選択します。

フォルダ名の入力となるので、「プロジェクト名をフォルダ名として使用」を選択します。

初期インポート画面が出ますので、そのまま「終了」を押します。

これで初期インポートは完了です。

続いてナビゲーター画面でそのプロジェクトをコミットします。

右クリックし、「チーム」>「コミット」を選択します。

次のような画面が出て、コミットされます。

これでプロジェクトのバージョン管理が楽にできるようになります。