Windows Media Player 11でAVIファイルが再生できないときの対処

 Windows XPやVistaのWindows Media Player 11 (WMP11)で昔のAVIファイルが再生できないことがあります。

 これは、WMP11では、「Intel Indeo Codec」がデフォルトでは有効になっていないからだそうです。

 この場合、再生は始まるものの、映像がなく、音声だけの再生になってしまいます。

 このときの対処法ですが、Intel Indeo CodecはWMP11に入ってはいるものの、有効になっていないだけなので、下記のようににコマンドプロンプトからコマンドを打ちます。

> regsvr32 ir50_32.dll

 そして、「DLLRegisterServer は成功しました。」と出ればOKです。

 

mod_rewriteの「%2F」問題の解決法

いや~、はまったはまった。。。

mod_rewriteを使った場合にクエリーに「%2F」が含まれていてうまく動かない場合の解決方法です。

PHPで以下のようなスクリプトをくんだとします。

index.php

< ?php
echo $_GET&#91;"pre"&#93;;
echo $_GET&#91;"path"&#93;;
?>

そして、

以下のように「.htaccess」にmod_rewrite構文を設定していたとします。

RewriteEngine On
RewriteRule ^hiroshima/(.*)$ index.php?pre=hiroshima&path=$1 [L]

ここで、「http://*******/hiroshima/aiueo/」にアクセスすると、きちんとアクセスできます。

この場合、mod_rewriteによって実際には、「http://****/index.php?pre=hiroshima&path=aiueo」にアクセスします。

しかし、

http://*******/hiroshima/aiueo%2Fkakikukeko/

にアクセスすると、うまくアクセスできなくなってしまいました。

mod_rewriteによって、

http://****/index.php?pre=hiroshima&path=aiueo%2Fkakikukeko

というURLに実際にはアクセスするのですが、「%2F」、つまりは「/(スラッシュ)」をURLエンコードした文字列を含む場合、うまくデコードしてくれないようなのです。

この解決方法としては、

“mod_rewriteの「%2F」問題の解決法” の続きを読む

Movable Type で LPOを考えてみる(その3)

このシリーズでは、Movable TypeでLPOを実現するにはどんな方法があるか?ということを考察していきます。

改めて、LPOとは、

LPOとは、「Landing Page Optimization」の略で、検索エンジンなどの外部サイトから訪れる人が最初に開く“着地ページ”を最適化すること。もう少し具体的にいえば、検索キーワードによってページの内容を一部を書き換えたり、関連性の高いページへ誘導する方法

です。

前回まではプラグインを使って関連エントリーを表示させる方法を紹介してきましたが、今回はMTタグだけで関連エントリーを表示する方法です。

参考ネタはJunnamaさん運営のブログ「Junnama Online (Mirror)」からです。

今回は、プラグインはなしなので、プラグインのインストール等はありません。

以下を新規でテンプレートモジュールを作成します。

“Movable Type で LPOを考えてみる(その3)” の続きを読む

Movable Type で LPOを考えてみる(その2)

前回、MovableTypeでLPOを考えるということで、検索エンジン経由の人には、その検索語を表示し、そのページと関連性のあるページをリスト表示するというものでした。

今一度、LPOとはということですが、

LPOとは、「Landing Page Optimization」の略で、検索エンジンなどの外部サイトから訪れる人が最初に開く“着地ページ”を最適化すること。もう少し具体的にいえば、検索キーワードによってページの内容を一部を書き換えたり、関連性の高いページへ誘導する方法

というものです。

今回も、アプローチは同じですが、違うプラグインを使ってみたいと思います。

今回使うプラグインは、The blog of H.Fujimotoで知られる、壱さん作プラグイン、「エントリーの関連付けを行うプラグイン」です。

前回使用したプラグイン、TagSupplementals_Pluginでは、エントリータグの関連性で、自動的に?関連するエントリーをリスト化するものでしたが、このプラグインは、手動で関連するエントリーをひも付けます。当然、自分で関連づけをするので、関連性は100%です。

まずは下記サイトでプラグインをダウンロードして、インストールしてください。

そして、下記の図のようにエントリーの関連づけをしていきます。

“Movable Type で LPOを考えてみる(その2)” の続きを読む

楽天商品ランキングAPIがリリース

 楽天ウェブサービスが、「楽天商品ランキング」のAPIをリリースした。

  • RWS開発日記 – 「楽天商品ランキングAPI」リリースと新機能追加のお知らせ - 楽天ウェブサービスの開発・運用チームのブログ

 

「楽天商品ランキングAPI」は、
楽天市場内のコンテンツである「ランキング市場」の情報を取得することができるAPIです。
総合ランキングだけでなく、ジャンル別・年代別・性別といったランキングも取得可能です。

とのこと。

 また、商品検索APIについて、「標準順」でのソートが可能になった。

とのことである。

 

Movable Type で LPOを考えてみる(その1)

これを考えるきっかけとなったのが、下記の記事。

マックのリニューアルしたサイトがLPOを導入したことで話題になりましたよね。え??古い?(^^;)

そして、Movable Type (MT)でも導入できるのでは?と教えてくれたのが、下記のエントリー。

ということで、MTでLPOを導入するには、どのようなやり方があるのかを検証したいと思います。

と、その前に、

LPOとは、「Landing Page Optimization」の略で、検索エンジンなどの外部サイトから訪れる人が最初に開く“着地ページ”を最適化すること。もう少し具体的にいえば、検索キーワードによってページの内容を一部を書き換えたり、関連性の高いページへ誘導する方法

ということです。

ではまず、上記のブログで紹介されている方法をご紹介します。

具体的に当ブログのブログ記事アーカイブで導入したので、それを参考にして説明したいと思います。

たとえば、このページなのですが、通常はこういう表示になります。

これに、LPOを導入し、検索エンジン経由でアクセスすると、以下のようになります。

“Movable Type で LPOを考えてみる(その1)” の続きを読む