「戦力外通知」なのか?

  • 投稿日:
  • by

 今いるうちの会社、広島支社では、1月に大きなイベントがある。そのイベントには、うちの部署からもプロジェクトメンバーとして何人かが参加する。

 そのプロジェクトへの参加メンバーが今日公表されていた。


 その中に私の名前はなかった。。。


 現在進行している大きなプロジェクトのいちをはチーフとして日々働いているわけだが、それもそろそろ佳境に入り、来月には落ち着くであろう。

 なぜそこに自分の名前がなかったことについて、ふと私は思った。

 『私はこの職場で、「戦力外通知」を出されてしまったのか?』

 と。。。

 私は現在でも「パニック障害」「自律神経失調症」という病と日々戦っている。そして、それと同じくして今まかされている仕事についても日々戦っており、その仕事にやりがいも感じ、モチベーションも高まっている。その仕事へのストレスで睡眠が十分に取れていないと感じ、主治医に相談すると、一時的ではあるが睡眠薬という位置づけで「抗うつ剤」を処方された。このおかげもあって、睡眠は驚くほど改善し、寝不足による仕事への影響というものはほぼなくなったと言っていい。
 そのような状況下に今私がいるということを、うちの部署の部長に相談すると、その次の日から、決まったように所定勤務終了時間になると私の傍らに来て、「帰れよ」と目配せをするようになった。それは私の体調のことを気遣ってくれてのことでもあり、それが管理職としての当たり前の仕事であるということもわかっている。そんな当たり前のこともできない管理職が多い中、日々部署内に目を光らせ、部内の統率をとっている部長を私は信頼している。信頼しているからこそ先述のような相談もできるのである。まぁ、その部長は一般的にみればかなりの異端児であり、部下からみれば好き嫌いが分かれるであろう。かくいう私も「やりにくいな〜」と感じたことも多々ある。がしかし、その部長は「できる人」だ。

 しかし、最初に書いたように、1月の大きなプロジェクトの参加者の中に私の名前は入っていなかった。その人選はその部長である。

 そのメンバー表を見た瞬間、私はこう思った。

 私はその仕事もまかされないほど、仕事をこなせていないのか?病気という事実があることによって、信頼が薄れているのか?

 と。。。

 本来私が入るべき?ポストには別な人が入っている。その人はその仕事をやるだけのスキルが十分すぎるくらいあり、メンバーになっても当たり前であるが、そのスキルだけでは今のこの職場ではダメだから、広く仕事を習得するべきであると言っていたのも部長である。

 なぜなんだ??

 今、進めている仕事を考えてみても、チーフという責任が発生する仕事を任されている。その仕事も複数人で進めてはいるが、あるとき気づいた。私の抱えるべき負荷が日に日に少なくなっているのを。言い方を変えると、自分の仕事がなくなっていっていたのである。同じプロジェクトのメンバーは日々多くの仕事量を抱え、必死になっている。

 そんな姿を横で見ていて、私は焦る気持ちが日に日に積もる。

 そのことも部長に相談すると、その焦る気持ちがダメなんだと言う。部長曰く、私は何でもかんでも自分で抱え込んでしまう性質だそうだ。それがストレスの原因ではないのか?と。

 たしかにそうである。

 主治医も同じことを言っていた。あなたはもしかすると、自分では思っていないかもしれないが、完璧主義者なのかもしれませんよ、と。なにもかも自分の理解の上に成り立っていないと気が済まない傾向にあるようだ。私は。自分がやっている仕事は、自分でわかっているのですべて自分でやってしまった方が早いに決まっている。それを後輩に任せようと思えば、教えながら仕事をすることになり、それだけ遅くなってしまうと感じ、自分でやってしまうのである。結果、なにもかも自分で抱え込んでしまう。

 自分が今の病気に冒されてしまったのもわかるような気がする。


 戦力外通知。


 私はこれを「無能だ」とレッテルを貼られたと思ってしまったが、これは一度立ち止まってゆっくり考えた方がいいのでは?と考えることにした。

 それが部長の計らいでもあるかもしれない。

 長い人生だ、一回くらい立ち止まって客観的に自分を見てもいいのではないか、と。


 支離滅裂だな。。。。しかし。