ファイル転送時の改行コード(Fedora Core)

  • 投稿日:
  • by

現在、せっせと代替用のサーバー「Fedora Core 4」で構築中ですが、
CGI関係でつまずきました。

どうApacheの設定をしても、

[error] [client ****] Premature end of script headers: /****/***.cgi [error] (2)No such file or directory: exec of /****/***.cgi failed

CGIファイルの先頭の文字列

#!/usr/bin/perl

もあっています。


Apacheをバージョン2.2にしたからか?

とか、

suEXECのせいか?

とか考えましたが、結論はあっさりしたものでした。

いままでのサーバーOSは「RedHat」だったのですが、
「Fedora Core」では、
OSの標準の文字コードはunicode


ということで、CGIのファイル等をWindowsクライアントでShift-JISとして作成して、
そのまま無変換でサーバーへアップロードすると、
改行コードが「CR」+「LF」となる。

つまり、「CR」はいらないのである。


ということで、
FTPソフトにて、改行コードを強制的に「LF」のみに設定をして解決。。。


う~ん。。。これだけで何時間悩んだことか(^^;)


できる PRO Fedora Core 5 Linux サーバー構築編
辻 秀典 渡辺 高志 鈴木 幸敏 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン (2006/04/19)


はじめてのFedora Core 5 Linuxサーバ構築編
アイティーブースト
秀和システム (2006/04)



Fedora Core 5 で作る最強の自宅サーバー
福田 和宏
ソーテック社 (2006/04)