バファリン330mg錠

  • 投稿日:
  • by

私はかなりの頭痛持ちだとおもうのですが、
その理由は、おそらく「ひどい肩こり」から来ているかと思います。

で、よく頭痛になるので、
頻繁に市販の頭痛薬を飲んでしまっています。

に、

「市販の鎮痛剤をそんなに飲むのは危ないよ!」

と言われて、初めて気が付きました


これは「良くないこと」なんだと。。。


で、せめて飲むなら、
きちんと病院の先生が処方してくれたものを、
と思い、今日、病院に行って来ました。


で、いろいろ現状なり、症状なりをすべて話して、
処方されたのが、


『バファリン330mg錠』

ば、バファリン???


バファリンって、あのバファリンですか??(^^;)


私は一瞬耳を疑いました。


バファリンって、市販の鎮痛剤ですよね。。。。


で、納得がいかないというか、意味がわからなかったので、
いろいろ先生に聞いたところ、
「バファリン330mg錠」は、
医学界でのさまざまな臨床試験をパスし、
病院の処方でしか出すことは出来ないものらしい



【働き】
炎症をしずめて、腫れや発赤、痛みなどの症状をおさえます。熱を下げる作用もあります。ただし、対症療法薬ですので、熱や痛みの原因そのものを治すことはできません。
少量で血液を固まりにくくする作用があります。

【薬理】
炎症や発熱を引き起こすプロスタグランジン(PG)という物質の生合成を抑制します。プロスタグランジン(PG)の合成酵素「シクロオキシゲナーゼ(COX)」を阻害することによります。
血小板の働きを抑える抗血小板作用をあわせもちます。


だそうだ。


まぁ、これからはこれを飲むようにしよう。。。

というか、
なるべく飲まないように生活等々を改善していくことだな、うん。





頭痛を制圧する!―こんなに進んでいるアメリカの頭痛薬
ローレンス・ロビンス スーザン・S・ラング 金城 千佳子
三田出版会 (1996/04)


慢性頭痛薬編
慢性頭痛薬編
posted with amazlet on 06.04.14
田代 邦雄
医薬ジャーナル社 (2002/06)
売り上げランキング: 451,376