網戸の立て付けの調整

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

さぁ、季節もだいぶ、「網戸」が必要な季節になってきましたね(笑)

みなさん、網戸の立て付けは大丈夫ですか?

動かすのにものすごい力を入れないといけないような
状況になってませんか?


ということで、今回は、
「網戸の立て付けの調整」の仕方をご紹介します。


まぁ、網戸と一概に言っても、
いろいろ種類があると思いますが、
うちの網戸を例にして説明したいと思います。
(だいたいの網戸が似たような構造になっていると思いますが。。。)


なにはともあれ、網戸をはずしてみましょう。

そして、下側の隅に注目してください。


↓このような車輪が付いているかと思います。


要はこの車輪の高さを調整するわけです。


では、その車輪の付いた部分を違う方向から見ると、
↓このように高さ調整用のネジがあります。

この丸をしたネジがそれです。


このネジを回すと
↓このように車輪が出てくるのがわかります。


上の写真のように、一番出た状態に調整します。


次に、今度は網戸の上側に注目してください。


このようなレールに引っかける部分があります。

これは網戸をはめると、それに応じて引っ込むようになっています。

↓こんな感じ。


これも、下側の車輪と同様に、
これ全体がネジで高さ調整できるようになっています。


青丸をしたネジがそうです。


このネジをゆるめると、
↓このように高さを変更できます。

↑こんな感じまで出っ張らせることが出来ます。

では、一旦、上側を一番引っ込めた状態にして、
網戸をはめてみます。


そして、上側の、サッシのレールと、
網戸側のくぼみの隙間2mm程度空くように高さを調整します。

 ↓

青く丸した部分のようになります。

拡大すると、こんな感じ。
amido10.jpg


サッシによっては
網戸を一番左にやったときか右にやったときで、
どちらかで動きがきつくなるときがあります。

その場合、きつくなった方の上側が、
上記で調整した高さで詰まってしまっているので、
もう少し隙間を空けて再調整してみてください。


ただ、この方法だと、網戸ははずれません(^^;)

夏の台風等で網戸が飛んでいってしまわない、という点ではいいんですが、
網戸をはずして掃除をする、とかいう場合に困ります。


その場合は、上側をゆるめて下にずらせば、またはずすことが出来ます。


以上、こんな感じでどうでしょう(^^;)


2度拭きいらず窓・網戸きれいワイパーロング[C0200]ポイント 倍【10P21Jul09】【sale】30%OFF



網戸外さず洗える お掃除ローラー



◆さらにバージョンアップしました!掃除をするとお部屋の空気も変わります!網戸専用クリーナ...