「オネアミスの翼」サウンドトラック

  • 投稿日:
  • by
このカテゴリーでは、私所有のCDの中でも、 お気に入りを思い立ったら紹介したいと思います。


まず、第1回は、

「オネアミスの翼」サウンドトラック
「王立宇宙軍~オネアミスの翼」 (Aile De Honneamise-Royal Space Force, 1987年)

オネアミスの翼~王立宇宙軍コンプリートコレクション
坂本龍一
ミディ (1991/12/01)
売り上げランキング: 17,518
おすすめ度の平均: 3.67
4 よいですね
4 素晴らしい音楽世界
3 オネアミスを堪能できる内容に満足。
オネアミスの翼
オネアミスの翼
posted with amazlet on 06.03.31
坂本龍一
ミディ (1993/09/21)
売り上げランキング: 11,475


このCDは、劇場用映画「オネアミスの翼」サウンドトラックです。

これを何回聞いたことか(^^;)


音楽監督:坂本龍一
音楽:坂本龍一、窪田晴男、上野耕路、野見祐二


音楽監督は、なんといっても、
あの坂本龍一です。

この頃、まだ坂本龍一はアカデミー賞をもらっておらず、
YMOで有名になったことは事実ですが、
新進気鋭であったことには違いないでしょう。
この映画の翌年、
「ラストエンペラー」で『アカデミー賞オリジナル作曲賞』を受賞している。


その坂本龍一を音楽監督として起用した、
「オネアミスの翼」の制作陣先見性?「すごい!」としか言いようがない。


それでは、このCDのライナーノーツから、少し抜粋させて頂くことにする。

今回の音楽が面白いのは、そこここに現れるミスマッチ感覚です。これについては、ぜひ映画館に足を運んで実感してください。ミスマッチのおもしろさは、言葉にはなりません。はずし方の妙と、遠くで結びついている何かを感覚が伝えてくれると思います。「ミスマッチをやるために、逆にミーティングをたくさんやった。そのシーンのイメージやミスマッチの狙いを何回も話し合った」とはプロデューサー坂本龍一のコメントです。


この「ミスマッチの感覚」というのは、
この音楽を巧みに表現している秀逸な言葉であると思う。

映像のないこのブログで説明するのは難しいが、

「ミスマッチが生み出した、”どんぴしゃり”の”どはまり感”」

とでも言いましょうか(^^;)


それぞれのシーンの映像を殺さず、
かつ、そのシーンをテーマを最大限に引き出している。


このCDは、映画を見ずしても
ひとつの音楽CDとしてもすばらしい出来になっていると私は思う


CD:収録内容
1.メイン・テーマ
2.リイクニのテーマ
3.国防総省
4.喧騒
5.無駄
6.歌曲「アニャモ」
7.グノォム博士の葬式
8.聖なるリイクニ
9.遠雷
10.シロッグの決意
11.最終段階
12.戦争
13.離床
14.アウト・トゥ・スペース
15.フェイド


この最後の「フェイド」が始まるシーンは、
何回見ても鳥肌が立ちます(^^;)


ぜひ、このCDも映画も見て頂きたい!


↓ノベライズ小説

オネアミスの翼―王立宇宙軍〈1〉
飯野 文彦
朝日ソノラマ (1986/12)


オネアミスの翼-王立宇宙軍〈2〉
飯野 文彦
朝日ソノラマ (1987/02)


↓DVD

王立宇宙軍~オネアミスの翼~
バンダイビジュアル (1999/08/25)
売り上げランキング: 6,923
おすすめ度の平均: 4.59
5 噛めば噛むほど味の出るスルメのような映画
5 シロツグが宇宙にいった意義
4 恐ろしいほどのリアル、一年後にはありえる話


↓CD

オネアミスの翼<イメージ・スケッチ>
坂本龍一
ミディ (1991/08/21)
売り上げランキング: 29,037
おすすめ度の平均: 4.5
5 プロトタイプの方がデキがいいって…?!
4 プロトタイプ
5 これこそ教授のミニアルバム中サイコーだ!!! 違う?


↓LD


↓フィギュア