Winny開発者が、同ソフトを応用し新ソフトを開発

  • 投稿日:
  • by

Yahoo!ニュース - 共同通信 - ウィニー応用しソフト開発 情報流出防ぎやすく


ファイル交換ソフト「ウィニー」を開発し、著作権法違反ほう助の罪に問われた元東大助手金子勇被告(35)の公判が20日、京都地裁(氷室真裁判長)で開かれ、弁護側は、金子被告が情報流出や著作権侵害を防止しやすい、新たなファイル交換ソフトを開発したと明らかにした。


懲りないね~、と言いたいところだが、
このWinny自体のテクノロジーはすさまじいものがあるのは間違いない。


これは使用する側に問題がある、というところが、
大部分では無かろうか。


情報漏洩しにくいものを作ったら、そりゃ~また、
ネットの皆さんは飛びつくでしょう。


Winny自体が、もともとは匿名性が高く
それでファイル交換ができると詠っていたが、
違法ファイルの発信者を結局は特定できてしまうわけですよ。


これも結局は「イタチごっこ」なわけで、
すばらしいものを作っても、それに付随する、
悪用、乱用。はたまた追従、特定、摘発。


ネットも人間臭いですね。。。


Winnyの技術
Winnyの技術
posted with amazlet on 06.03.21
金子 勇 アスキー書籍編集部
アスキー (2005/10)
おすすめ度の平均: 4.78
5 世界に誇れる本です
5 Winnyの内部、P2P技術に興味があるソフトウェア開発者向け
5 システムエンジニアにとっても参考に



個人情報保護の実務と漏洩防止策のすべて
鈴木 靖 當摩 祐子
日本実業出版社 (2005/03/17)
売り上げランキング: 8,941
おすすめ度の平均: 4.33
3 個人情報保護士の勉強用
5 個人情報保護士の推薦教材です
5 さっそくチエックリストを使わせて頂いています