コンセントでホームネットワークを構築する電力線通信

  • 投稿日:
  • by

かなり前から話題にはなっているが、
ようやくこれが本格運用に入るようである。

『コンセントでホームネットワークを構築する電力線通信』


まぁ、簡単に言ってしまえば、
現在あるような、有線LANや無線LAN、光通信と続き、
それに加えて、電力線

要は、

コンセント

を使ったネットワークが構築できる、ということだ。


PLCとは、電力線に高周波信号を重畳し、電力線を伝送路とて双方向の通信を行う方式であり、2006年にその高速通信用といわれるサービスが開始される予定である。既存の電力線を使用することで、安価で容易なブロードバンドインターネット接続や情報家電の接続用のネットワークとしての期待が高まっている。


またまた簡単に言ってしまうと、

その対応した家電製品をコンセントにさせば、
ネットワーク機器として機能する。

ということである。


このような技術が発展してきているのは、
「ユビキタス」というものの考え方から来ている。



生活や社会の至る所にコンピュータが存在し、コンピュータ同士が自律的に連携して動作することにより、人間の生活を強力にバックアップする情報環境。


要は、家庭にあるもの、何でもかんでもコンピュータ化し、
すべてが連携して動作する。

といった感じだろうか。


たとえば、

DVDで映画を観るために、DVDプレーヤの電源を入れると、スクリーンが天井から下りてプロジェクタのランプが点灯し、カーテンが閉まって照明が暗くなり、エアコンもONになって映画の再生、投影が始まる

的なこともできてしまうのである。


現在、我が家のHDDレコーダー(RD-X4)は、
リモコンでの録画予約や編集作業はもちろんだが、
家庭内LANにつながっているので、
離れたPCから録画予約などができる。
また、メールでの録画予約とかもできたりもする。
(使ったことないけど。。。)


本題に戻るが、
電力線、いわゆるコンセントネットワーク回線になるということは、
インターネットの最初の入り口もコンセントになったりする。

で、コンセントは家中つながっている


ということは、家中の電化製品がすでにネットワーク上に存在する
ということになる。


「想像を絶する」、とはこのことか。。。


今後、世界がどんな風になっていくかが楽しみである。


ユビキタス・コンピュータ革命―次世代社会の世界標準
坂村 健
角川書店 (2002/06)
売り上げランキング: 19,009
おすすめ度の平均: 4.45
4 ユビキタスの最新トピックスが解る本
5 コンピュータ学者・坂村健の真骨頂
4 さらっと読みましょう

ユビキタス社会のキーテクノロジー
東倉 洋一 上野 晴樹 山本 毅雄 三浦 謙一
丸善 (2005/06)
売り上げランキング: 102,777
ユビキタス社会、始まる―すべてのモノにコンピュータを
坂村 健 竹村 健一
太陽企画出版 (2004/04)
売り上げランキング: 94,226