セカンダリーDNSの設定

  • 投稿日:
  • by

先日、バックアップサーバーを構築すると書きましたが、
まずはDNSから。

メイン・サーバーサブ・サーバーDNSデーモンとしては、
「BIND 9」を使用しています。



ここでは、あえてBINDのインストール方法や、
ゾーンファイルの作成方法については言及しません。

それについては、上記参考URLを参考にしてください


ここでは、プライマリーDNSが稼働していて、
それにセカンダリーDNSを追加する方法を記述します。


設定はすべて、

/etc/named.conf

で行います。


設定環境として、
ローカルネットワークのセグメントは、
192.168.0/24

「ゾーン転送はローカルネットワークのみ」

としています。


プライマリーDNS側(/etc/named.conf

acl localnet{ 192.168.0.0/24; 127.0.0.1; };

options {
directory "/var/named";
pid-file "/var/run/named/named.pid";
allow-query { localnet; };
allow-transfer { localnet; };
recursion yes;
};

logging {
channel "default" {
file "/var/log/named/named.log" versions 10 size 1m ;
severity info;
print-time yes;
print-category yes;
};
channel "xfer" {
file "/var/log/named/xfer.log" versions 10 size 1m ;
severity info;
print-time yes;
print-category yes;
};

category lame-servers {null; };
category xfer-in {xfer; };
category xfer-out {xfer; };
category default {default; };
category security {default; };
category queries {default; };

};

controls {
inet 127.0.0.1 allow { 127.0.0.1; } keys { rndckey; };
};

zone "." {
type hint;
file "named.ca";
};

zone "localhost" {
type master;
file "local.zone";
};

zone "0.0.127.in-addr.arpa" {
type master;
file "local.rev";
};

zone "multiburst.net" {
type master;
file "multiburst.net.zone";
notify yes;
allow-transfer { 192.168.0.101; };

};

zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
type master;
file "multiburst.net.rev";
notify yes;
allow-transfer { 192.168.0.101; };

};


include "/etc/rndc.key";

セカンダリーDNS側(/etc/named.conf


controls {
inet 127.0.0.1 allow { localhost; } keys { rndckey; };
};

zone "." {
type hint;
file "named.ca";
};

zone "localdomain" {
type master;
file "localdomain.zone";
};

zone "localhost" {
type master;
file "localhost.zone";
};

zone "multiburst.net" {
type slave;
masters {
192.168.0.100;
};
file "multiburst.zone.bak";

};

zone "0.168.192.in-addr.arpa" {
type slave;
masters {
192.168.0.100;
};
file "multiburst.rev.bak";

};

zone "0.0.127.in-addr.arpa" {
type master;
file "named.local";
};

include "/etc/rndc.key";


といった具合に(^^;)、、、、


プライマリーDNS側には、転送先のセカンダリーDNSのIPを。
セカンダリーDNS側には、転送元のプライマリーDNSのIPを設定します。


はしょりすぎました?(^^;)


では、もうちょっと、、、


セカンダリー側には、
type slave;
として、スレーブ側であることを宣言します。

そして転送元のIPを指定しておけば、
セカンダリー側では、勝手にプライマリーのゾーンファイルのコピー
作成されるわけです。


試しに、上記の「named.conf」の状態で、
プライマリーDNSのゾーンファイルのシリアルナンバーを変更し、
DNSデーモンを再起動すると、
自動的にゾーンファイルがセカンダリーDNSに転送され、
セカンダリーにゾーンファイルができあがります。


以上!!(笑)


DNS & BINDクックブック―ネームサーバ管理者のためのレシピ集
クリクット リュウ Cricket Liu 伊藤 高一 田淵 貴昭
オライリージャパン (2003/04)
売り上げランキング: 33,730
おすすめ度の平均: 5
5 至高の1冊
5 BIND設定集
5 バッタ本とともにどうぞ


DNS&BIND
DNS&BIND
posted with amazlet on 06.02.21
ポール アルビッツ クリケット リュー Paul Albitz Cricket Liu
アスキー (1995/08)
おすすめ度の平均: 5
5 ネームサーバ管理者必携