やっと馬鹿ホテルから解放された。。。

  • 投稿日:
  • by

やっと、馬鹿ホテルから解放された。

「解放された」というのは、
最後のホテルの『商品』である、結婚式ビデオ
「まとも」なもので届いたからだ。

なぜ馬鹿ホテルなのかについては、
こちらのカテゴリーを読んでもらいたい。

Project MultiBurst: ブライダルという名の苦悩 アーカイブ


この松江の老舗ホテルも、「お話にならない」というのは、
上記のカテゴリーを読んでもらえればわかると思うが、
取引をしている会社でも、
まともな会社はないようだ。。。


この結婚式ビデオ、私が自分で編集したいから、
DVDで作成したものではなく
マスターでくれ、ということで、
通常価格より2万円うわのせで契約をした。


ところが、、、届いてみると、
ノイズだらけ。。。


問い合わせてみると、ダビングの仕方はこうである。

DVcam(業務用) → iLink → miniDVcam


業務用であるDVcamをそのままiLinkを使ったデジタルダビングをすれば、
そのまま業務用フォーマットであるDVcamのストリーム
miniDVにダビングされる。


それを説明しても、
その業者、わかっていない。。


業務用ではない、
民生機器で再生できるということが大前提ではないのか!?


そのビデオ業者と話していても、らちがあかず、理解してもらえない。

馬鹿か???


実際にお金を仲介しているのはホテルであるため、
ホテルの担当者に電話をし、
その担当者経由で連絡を取ってもらうと、
なぜか素直にこちらが提示した(こういうやり方ならできるよ的な)ことを、
やってくれた。。。。。


なぜ、はじめからそれをやってくれない!?


で、結局どうやったのか、どのようにダビングをしたのか
を、私に電話してくれ、とホテルの担当者に連絡をしておいた。


すると、、、


そのビデオ会社、
今までの丁重な接客口調から、うってかわって、

ほぼ逆ギレ的な口調で話しかけてくる。


「そちらのおっしゃられた方法でダビングしましたよ。。。」
「ええ。。。そうですね」
「はいはい。。」

↑こんな口調である。


なかなか表現するのが難しいが、
なんかこっちがおかしいとでも言いたげな口調である。


ふざけんなよ!!

こっちが説明しなかったら、
なんでノイズが入っているのか、
どうやったら民生の機器で再生できるようにダビングできるか、
が、
わかっていなかっただろうが!!!


それでもビデオ撮影を商売にしてお金をもらっているのか??


商品というものは、
「正常なもの」が納められて初めて成立するのではないのか??


まぁ。。。。


これで、このビデオ会社の、いや、この撮影者の
「人となり」がわかりましたから。


だいぶ話をはしょってしまいました。。。


ま、、、

これでようやく、
結婚式に関わるすべてのやりとりが終わったわけです。

C=(-_-;)はぁ~っ


もう疲れましたよ。。。