DoS攻撃で自宅サーバーがオーバーフロー(ToT)

  • 投稿日:
  • by

('_'?) ほや?

今日の夕方4時くらいである。

自宅のWEBページがすべて、会社から見られなくなった。

携帯からも見ることができない。


まぁ、いつものように、回線側が勝手に切断し、
ルーターが自動で再接続するようにしているから、いいだろう。。。と。

再接続してからのグローバルIP再取得後
ダイナミックDNSが更新になることを考えると、
15分は待ったほうがいいな。。。と。。。思ったわけです。

その時は。。。

しかし、待てど暮らせど、サーバーへは音信不通。。。

(・_・)ん?


結局、自宅サーバーのルータでは、telnetポートは開けていないので、
なにも手が出せない。。。

現状もつかめない。。。

ということで、仕事が終わると同時に帰って'''ビックリ'''


<(゚o゚;)>オーマイガーッ!


DoS攻撃受けてる~~~~!!!!!


なんとかコンソールで入り、
見てみると、CPUが100%に張り付いたまま。。。。


Apacheのログを、

# tail -f

で見てみると、

すさまじい勢いでログが流れ行く。。。


プロセスを見てみると、

・mysqld = 約30%
・httpd = 約20%
・x-search.cgi × 6~8プロセス (Tagging用の検索プロセス)

完全にオーバーフローしている。。。。


試しに、「httpd」プロセスを再起動してみるが、ダメ(ToT)


ログから推測するに、
アタックをかけているのは日本国内の端末ということはわかったが、
それがわかっても打つ手がない。。。


ルータのログを見てみると、
接続が切れた形跡もない。


ということで、
1回接続を切り、IPを再取得し、

なんとか攻撃からは回避ができたみたいだ。。。


だが。。。。


このドメインを決め打ちで攻撃していたのであれば、
また攻撃が始まるのは時間の問題かも知れない。。。


う~~ん。。。どうしたらいいものか。。。。


しばらく様子を見よう。。。(^^;)


Hacking:美しき策謀―脆弱性攻撃の理論と実際
ジョン エリクソン Jon Erickson 村上 雅章
オライリージャパン (2005/06)
売り上げランキング: 7,335
おすすめ度の平均: 4
4 技術背景がわかります
4 真のハッカーとは

はじめての3分ハッキング〈2〉
KAZU
三才ブックス (2002/05)
売り上げランキング: 204,723
おすすめ度の平均: 4
4 前作が面白かった人は必見