不毛な3時間半

今日、夜7時から、なにやら我が会社の将来を見据えた、討論会があるとのことだった。

その討論会には、普段顔を見ることすらない、広島支店長が出席とのこと。

その支店長を交えての討論会ということで、
会社の将来などについて、ざっくばらんに話す場、かと思っていた。


。。。現実は違っていた。。。


支店長は黙っていて、その場の話の流れを聞いているだけかと思いきや、
いきなり支店長が自分の主張を話し始めた

もうその時点で、この場は「討論会」という名では無いと思った。


それからは、いろんな人が支店長に向けての
質問タイムみたいになってしまっていた。


が。。。。

支店長は、みんなの意見をすべてを否定し続ける。


これは討論会ではなかったのか??

みんなの率直な意見を求める場ではなかったのか??

私は思わず、

「支店長がすべての人の意見を否定しているように聞こえます。
 今この会の趣旨がわからなくなっています」


と、浴びせかけた。


しかし、馬の耳に念仏。。。。


それからも同じように続けるばかり。


支店長は、はっきり言って、「おつむが悪い」らしい。。。

しかも、この全国に支店がある会社の経営陣の考えを、マインドコントロールで
刷り込まれたかのように、自分の意志を曲げない、考えを改めようともしない。

あなたみたいな人がここの支店のトップに立っている以上、
いくら討論会とかを開いても変わらないよ。


不毛だ。。。。非情に不毛だ。。。。


この不毛な3時間半を返してくれ!!


マインド・コントロールの恐怖
スティーヴン ハッサン Steven Hassan 浅見 定雄
恒友出版 (1993/04)
おすすめ度の平均: 4.67
5 学会、または、その他の宗教で霊の憑いてる人は是非
4 怖い本です。
5 元の題のほうがしっくりくる


マインドコントロール―人の心を支配するメカニズム
伊藤 友八郎
日本能率協会マネジメントセンター (1995/07)
売り上げランキング: 610,787