関連性のあるエントリーを一覧表示

  • 投稿日:
  • by

ブログ「The blog of H.Fujimotoのオーナーであられる、壱さんの著書、

ブログ簡単パワーアップ Movable Type スーパーカスタマイズテクニック
ブログ簡単パワーアップ Movable Type スーパーカスタマイズテクニック


からのカスタマイズネタです。


関連性のあるエントリーに、今までは自分自身でトラックバックを送っていたのですが、
これではしょっちゅう「Recent Trackbacks」に自分のブログが載ってしまう(^^;)

ということで、すばらしいカスタマイズネタなので、早速導入


以下のプラグインファイル一式をダウンロードします。

http://www.h-fj.com/mt_plugins/RelatedEntries.zip


ダウンロードしたファイルを解凍すると、いくつかファイルがありますが、
そのフォルダ構造そのまま、MTへアップロードします。

mt-related-entries.cgi → MT/mt-related-entries.cgi RelatedEntriesSub.pm → MT/extlib/FJ/RelatedEntriesSub.pm RelatedEntries.pm → MT/extlib/FJ/RelatedEntries.pm RelatedEntries.pl → MT/plugins/RelatedEntries.pl rel_entries.tmpl → tmpl/cms/rel_entries.tmpl


すると、MTのシステムメニューのプラグインに「Related Entries 0.01」というのが追加されます。

pluginhyouzi.jpg


次に、エントリーの関連づけをしていきます。

プラグインの「設定」を押すと、以下のようなブログ選択の画面が出てきます。

burogusenntaku.jpg


プルダウンでブログを選択し、送信を押すと、エントリー選択画面が出てきます。



目的のエントリーを選択し、送信を押すと、以下のような画面が出てきます。



画面に過去のエントリーがずら~っと並びますので、
関連づけたいエントリーの右側の「両方向」にチェックをします。

他のチェックボックスの意味は本家サイトで(^^;)


チェックが終了したら、画面左下の保存を押し、リビルドします。


実際のテンプレートへの挿入ですが、
私は以下のようにしました。


個別エントリーテンプレート

<h3 class="entry-header">関連エントリー</h3>
<div class="relentries-content">
<ul>
<MTEntryRelatedEntries>
<li><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a></li>
</MTEntryRelatedEntries>
</ul>
</div>


スタイルシートテンプレート

/*関連エントリ-*/
.relentries-content ul {
margin-left: 15px;
}

.relentries-content ul li {
list-style-type: square;
}


リビルドすると、以下のようになります。



これから、ぼちぼち過去のエントリーを関連づけていきたいと思ってます(^^;)

なんせ過去のエントリーの数が膨大なので。。。。