便座にくっついてしまった男、店を訴える

from 世界ビックリニュース

【便座にくっついてしまった男、店を訴える】

米コロラド州在住の男性が、店にあるトイレに入ったところ、誰かがイタズラで便座に接着剤を塗ってあったため、お尻が便座にくっついてしまった。男性は助けを求めたにもかかわらず、店員に無視されたとして同店を相手取り提訴した。


す、すさまじいニュースだ(笑)


2003年、コロラド州ルイビルにある大手DIYショップ「ホーム・デポ」を訪れたダワティ氏は、ズボンを下ろして便器に腰掛けたところ、塗ってあった接着剤によりお尻が便座にくっついてしまい、それから約20分後に救出された。ダワティ氏は木曜日、「事件後、精神的苦痛に苦しみ、糖尿病や心臓に病気を患うことになった」として同店を訴えた。


しかし。。。言いがかりもいいところですよね(^^;)