「“オタク像”は5タイプに分類できる」

  • 投稿日:
  • by

from INTERNET.WATCH

「“オタク像”は5タイプに分類できる」~NRIマニア消費者層調査

NRIでは、商品やサービスの収集度合い、情報交換や情報発信などを行なうコミュニティへの参加度合いなどについてのアンケートも実施。その結果からオタク層に共通する行動・心理特性を抽出したところ、「共感」「収集」「顕示」「自律」「創作」「帰属」の欲求という6つの因子が浮かび上がったという。さらに、この6因子の強弱のバランスから、“オタク像”を次の5タイプに分類できるとしている。


ふむ。。。なるほど。。。


僕自身は、おそらく、2つに当てはまると思う。

「我が道を行くレガシーオタク」

「我が道を行くレガシーオタク」は、オタク層の23%を占める。独自の価値観を持っており、インターネット上で情報収集および批評活動をアクティブに行なうとしている。5タイプの中では男性比率が最も高く、組立PC、AV機器、ITガジェットなどメカ系分野、および芸能人分野を中心に分布する。典型例は「20~30代のメカ&アイドル好き独身男性」。

もしくは、


「情報好感度マルチオタク」

複数のこだわり分野を持つ傾向がある「情報好感度マルチオタク」は、オタク層の22%。若年層が中心で、男女に偏りがない。インターネット活用度が高く、趣味活動への消費時間が多い。オタクであることをカミングアウトする割合が高く、「ネットオークション、コミュニティサイトが大好きで、2ちゃんねるのライトユーザーであるネット住人」を典型例に挙げている。


のどちらかであろう(^^;)


みなさんは、どのオタクかな??(笑)


オタク市場の研究
オタク市場の研究
posted with amazlet on 05.10.24
野村総合研究所オタク市場予測チーム
東洋経済新報社 (2005/10/14)
売り上げランキング: 3,633

オタク学入門
オタク学入門
posted with amazlet on 05.10.24
岡田 斗司夫
新潮社 (2000/10)
売り上げランキング: 24,517
おすすめ度の平均: 4.22
5 真のオタク理解のために
4 「オタクとは何か」。この問題に対する一回答
4 オタクを覗き見るおもしろさ!

「おたく」の精神史 一九八〇年代論
大塚 英志
講談社 (2004/02/21)
売り上げランキング: 48,609
おすすめ度の平均: 3.56
5 「おたく」文化の、いまのところ「正史」
4 古典的性意識の解体
5 あの頃になってしまったんだな・・・