MT3.2にアップグレード完了(PHP&PostgreSQL)

ようやく、MTを3.2にアップグレードすることができた。

私はベータ版を試していないので、ベータ版からの苦労というものはなかったが、
アップグレードの際に出くわしたものなどを含めて、ここに記しておきます。

1. まずは「mt-config.cgi」の編集

↓46行目くらい

ObjectDriver DBI::postgres
Database mt
DBUser postgres
DBPassword ****
DBHost localhost

このバージョンから「mt.cfg」「mt-config.cgi」に取って代わり、
SQLの接続パスワードもそこへ記入することになった。

このファイルの中身自体は、「mt.cfg」とさほど変わりはないので、
変更になっている部分や私自身で変更した部分を書きます。


↓136行目くらい

MailEncoding ISO-2022-JP

メール通知のエンコーディングがデフォルトで有効になっている。(コメントアウトされていない)


↓264行目くらい

DefaultLanguage ja

当然といえば当然だが。。。


↓272行目くらい

PublishCharset UTF-8

私のブログの場合、文字コードをUTF-8に設定している。


↓304行目くらい

PingTimeout 20

デフォルトより若干長めに。。。(^^;)


↓353行目くらい

ImageDriver ImageMagick

画像のサムネール処理などは、ImageMagickを使用。


↓380行目くらい

TrackbackScript trackback-me.cgi

トラックバックスパム対策に、スクリプト名そのものを変更している。

2. 次に「mt-check.cgi」での確認

「mt-config.cgi」の編集が終わったら、
ファイルをすべて上書きアップロード


そして、拡張子が「.cgi」のものは、パーミッションをすべて「755」に変更


で、ブラウザから「mt-check.cgi」にアクセスします。

「準備が整いました」と出れば、問題なく次のステップへ。

私は何の問題もなくこれが出たので、参考になりませんね(^^;)


3. データベースのアップグレード

インストールしたディレクトリ「index.html」にアクセスすると、
ログインを促されるので、「ログイン」をクリックする。

すると、データベースのアップグレードが始まる。


ここで、問題にぶち当たった(^^;)

アップグレード中にエラーが発生しました: ERROR: Cannot cast type text to bytea at lib/MT/Upgrade.pm line 1094.

というメッセージが。。。。

いろいろネットをググっていたら、同じような境遇の人がいた(^^;)

参考URL:
[MT3.2アップグレードメモ - Tips_MovableType] amethyst-web.org

上記のエラーは無視して、再度、データベースのアップグレード。

すると今度は、

アップグレード中にエラーが発生しました: ERROR: Relation 'mt_session_upgrade' already exists at lib/MT/Upgrade.pm line 1094.

なにやら、データベース内でリレーションシップがすでに存在すると。。。


そこで、PostgreSQLを直接操作(^^;)

参考URL:
PostgreSQLをコマンドラインで操作する

# su postgres # psql # drop table mt_session_upgrade;

で、再度、データベースのアップグレード(^^;)


すると今度は、上記と同様に、「mt_session_upgrade」のリレーションがすでにあると。。。

同じように、

# drop table mt_plugindata_upgrade;


そうすると、ようやくデータベースのアップグレードが終了した。ヾ(;´▽`A``


なんとか、3.2へのアップグレードがとりあえず終了。。。。

ふう、疲れた(^^;)


細かいそれからの話はまた!