彼女のお父さんの雰囲気、大好きです。

この土日、ホントは松江の式場へ打ち合わせに行くつもりでしたが、
急遽キャンセルにしました。


その代わり、彼女の実家の方へ挨拶に行きました。


今度は「結婚させてください」という挨拶ではないので、あまり緊張しませんでした(^^;)


いや〜、「結婚させてください」という挨拶をしに行ったときはすごかったですね。

緊張が!!!


私の場合、こんな感じになりました。
(まぁ、これは後で彼女から聞いた話もあります。覚えてませんから(笑))


・家を出るとき、最後にお茶を飲もうとしたら、緊張のあまり、コップからお茶がこぼれ出てしまった。 ・カーナビで行き先設定をしたとき、予想到着時刻を見て、「そんなに早く着くんだ。。。」って思った。 ・絶えず笑っている。とにかく笑っている。箸が転んでもおかしい状態並。 ・タバコだと思って口にくわえたら、目薬だった。 ・彼女の実家のすぐ近くのコンビニでトイレに入り、大きい方でもないのに便座に座り、  「このまま、彼女と車をおいてトンズラしようかな。。。」と思った。 ・四六時中、頭の中でお父さんとのやりとりのシミュレーションをしている。 ・殴られる覚悟をしていた。

と、まぁこんな感じだったわけですよ(^^;)


人間、緊張の極限状態に来ると、こんな風になるんだと言うことを体験できました。。。(*^_^*)


ま、そんな緊張もどこえやら、穏和なお父さんだったんですけどね(^^;)


で、最初にその挨拶に行ったときにも感じたんですけど、
彼女のお父さん、雰囲気が僕は大好きです。


なんといいましょうか。。。

ものすごい知識量に裏打ちされたトーク、間、切り返し。


僕はお父さんの会話に引き込まれる、という感覚を覚えました。


僕にはものすごく心地よく、ある意味新鮮な刺激、、、等々。


結婚の挨拶に行ったときに、
「もう一度、ちゃんと話をしたい!」って思ってたことが実現しました
☆。・。・゚★・゚・。・゚\(*´▽`*)/。・。・゚★・。・。☆


いや〜〜、とても優しい時間でした。



結婚スピーチ・挨拶 秘訣と実例

学習研究社 (2003/04)
売り上げランキング: 481,545