症状?副作用?どっち??

「パニック障害」「自律神経失調症」になって、だいたい2年くらい経ちますが、
いまだに、体の症状で、これは病気の症状なのか、それとも薬の副作用なのかわからないものが多々あります。


自律神経失調症の症状は、人によって千差万別ですが、
以下のが主な症状です。

頭痛、頭重感 耳鳴り、耳の閉塞感 口の乾き、口中の痛み、味覚異常 疲れ目、なみだ目、目が開かない、目の乾き のど のどの異物感、のどの圧迫感、のどのイガイガ感、のどがつまる 心臓・血管系 動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動 呼吸器 息苦しい、息がつまる、息ができない、酸欠感、息切れ 消化器 食道のつかえ、異物感、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる 手のしびれ、手の痛み、手の冷え 足のしびれ、足のひえ、足の痛み、足がふらつく 皮膚 多汗、汗が出ない、冷や汗、皮膚の乾燥、皮膚のかゆみ 泌尿器 頻尿、尿が出にくい、残尿管 生殖器 インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ 筋肉・関節 肩こり、筋肉の痛み、関節のいたみ、関節のだるさ、力が入らない 全身症状 倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい 精神症状 不安になる、恐怖心におそわれる、イライラする、落ち込む、怒りっぽくなる、集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

また、パニック障害に関しては、私の場合のパニック「激しい動悸」です。

それでは、今私はどんなくすりを飲んでいるかというと、

・パキシル(抗うつ剤)
・リボトリール(抗不安薬←要は精神安定剤)
・ソラナックス(抗不安薬)

の3種類です。

それぞれの薬の副作用はというと、


●パキシル

比較的安全性の高い抗うつ薬です。従来の薬に多くみられる口の乾きや便秘などの不快な副作用も少なくなっています。飲み始めの吐き気はたいてい2週間くらいで軽くなりますが、ひどいときは医師に相談して対策を考えてもらうとよいでしょう。

また、人によってはかえって神経過敏になり、不安感を生じたりイライラ・ソワソワ落ち着かない気分になるかもしれません。これも服用開始時にみられる症状ですので、あまり心配せず医師とよく相談してください。その後の副作用はわりと少なく、長期の維持療法にも適します。

重い副作用は頻度的にほとんどありませんが、この系統(SSRI)の特異な副作用として「セロトニン症候群」があります。万一のことですが、念のため頭に入れておいたほうがよいでしょう。不安、混乱、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん、発熱といった症状があらわれます。なにか普段と違う「おかしいな」と感じたら、すぐに医師に連絡してください。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
セロトニン症候群..不安、焦燥、興奮・混乱・もうろう状態、取り乱す、幻覚、発汗、体のぴくつき、ふるえ、けいれん。
悪性症候群(Syndrome malin)..体の強い硬直、じっとして動かない、ふるえ、意識がはっきりしない、発汗、高熱。
幻覚、せん妄、錯乱、けいれん..現実でない人や物が見えたり声が聞こえる、混乱、興奮、取り乱す、けいれん
抗利尿ホルモン不適合分泌症候群(SIADH)..頭痛、のどが渇く、けいれん、意識もうろう、気を失う。
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

【その他】
吐き気、食欲不振、口の渇き、便秘、下痢
眠気、不安感、イライラ感、めまい、頭痛、だるい、ふるえ
性機能異常、性欲低下
発汗、尿が出にくい、動悸、目がまぶしい
発疹、発赤、かゆみ


●リボトリール

てんかんの薬を、自分の判断で急に中止すると、反動で重い発作を起こしてしまうおそれがあります。用法用量を守り規則正しく飲むことが重要です。

副作用で多いのは、眠気、ふらつき、脱力感などです。これらは飲みはじめに多く、続けているうちに軽くなることもありますので、それほど心配いりません。重い副作用はめったにありませんが、何か異常を感じたら早めに受診されてください。定期的に各種の検査を受けて、効き具合や副作用のチェックをしてもらいましょう。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。
呼吸抑制、睡眠中の多呼吸発作..息苦しい、窒息感、翌朝の頭痛、頭が重い。
刺激興奮..興奮、もうろう状態、取り乱す、かえって眠れない。(もともと精神障害がある場合などに、まれに出現)
肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

【その他】
眠気、ボーッとする、イライラ、無気力、頭痛。
ふらつき、めまい、けん怠感、脱力感。
喘鳴、唾液増加、物が二重に見える、尿失禁
発疹
長期連用で効き目が悪くなる。


●ソラナックス

この系統の優れた特徴として「安全性が高い」ということがあげられます。重い副作用はほとんどありません。比較的多いのは、眠気、ふらつき、けん怠感、脱力感などです。これらは、それほど心配いりませんが、車の運転など危険な作業には注意してください。また、とくに高齢の人では、転倒につながったり、昼間からボーッとしてしまうことがあります。このような場合は、服用量を適切にコントロールする必要があります。

むやみに量を増やしますと、薬に頼りがちになり、やめにくくなってしまいます。決められた範囲内で服用するようにしましょう。また、定期服用中に急にやめると反発的な症状がでることがあります。イライラ、不安感、ふるえ、かえって眠れない・・といった症状です。自分だけの判断で止めないで、医師の指示のもと徐々に減量すれば大丈夫です。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
依存..長期に多めの量を飲み続けると、体が薬に慣れた状態になりやめにくくなる。このとき急に中止すると、いらいら、強い不安感、不眠、ふるえ、けいれん、混乱、幻覚など思わぬ症状があらわれることがある(徐々に減量すれば大丈夫)。
刺激興奮..興奮、もうろう状態、取り乱す、かえって眠れない。(もともと精神障害がある場合などに、まれに出現)
呼吸抑制..息苦しい、起床時の頭痛・頭重感。(もともと呼吸器系の弱っている人で、まれに出現)

【その他】
眠気、ボーッとする、注意力・集中力低下、頭が重い感じ、頭痛。
ふらつき、めまい感、けん怠感、脱力感。
長期連用で効き目が悪くなる。

ね??、もうわけがわかんないでしょ?(笑)

今のこの状態はどっち???っていうのがホントわかんないんですよ。


副作用ならまだ安心できるかも知れませんが、
病気の症状であれば、まだ治療に時間がかかる、ということを意味します。


なんとかはっきりしてくれないかな〜〜>自分の体(&こころ)

専門医が治す!自立神経失調症―ストレスに強い心身をつくる、効果的な療法&日常のケア
伊藤 克人 宮坂 菜穂子 久保木 富房
高橋書店 (2001/08)
売り上げランキング: 44,690


最新版 自律神経失調症を治す本
村上 正人 則岡 孝子
主婦と生活社 (2003/01)
売り上げランキング: 66,880