酸素ナノバブル水

from 夕刊フジBLOG

『夕刊フジBLOG:「酸素ナノバブル水」とは?』

夕刊フジBLOGですごい記事を見つけてしまった。

その名も「酸素ナノバブル水」

種明かしは「酸素ナノバブル水」である。水槽には半年間は消えない直径200ナノメートル以下の超微細なバブル(泡)が溶け込んでいる。メカニズムはまだわかっていないが、それが魚の環境適応能力を高め、魚自身も活性化しているのは間違いないと、産業技術総合研究所・高橋正好主任研究員の話。

す、すごい。。。

なにやら、この水だと、淡水魚と海水魚が一緒に泳ぐそうだ。

しかもアンチエージング効果まで!

この水を使えば、ディスカスの飼育も楽になるのかな〜(笑)