出雲弁はすごいよ!

今日、出雲弁について検索していたら、おもしろいサイトをいろいろ見つけました。

なぜ突然、出雲弁なのかというと、
私の現住所は広島市ですが、実家は島根県の斐川町というところです。
斐川町は、出雲市の東隣にあり、もれなく出雲弁です。
というか、斐川町の方が出雲市より出雲弁がきついように思います。

本題に戻って、おもしろいサイトたちです。

『出雲弁の泉』
ダダさんの正しい出雲弁講座

特に、『出雲弁の泉』「爺と婆の世間話」は必見です(^^;)
ほんと、出雲弁を使っている人じゃないと、全く意味不明の文章です(笑)
ネイティブな私でもギリギリです(笑)

ここで出雲弁を一つ紹介です。

『ちょんぼしごしない』

さぁ、意味わかりますか?(笑)
全く標準語のカケラもありません。

ネイティブな発音をすると、
「ちょんぼし」の「し」は、限りなく「す」に近い「し」です(笑)

基本的に出雲弁のさ行は、すべてが限りなく「す」に近づきます
初心者の方は、「し」と「せ」は「す」に置き換えた方が無難です(笑)

で、『ちょんぼしごしない』ですが、
標準語に直すと、

『ちょっとだけちょうだい』

という意味になります。
↑微妙なニュアンスの違いはありますが、だいたいこんなところです。
単語で分けるとするならば、「ちょんぼし・ごしない」となります。

もれなく、「し」は「す」に近づけてください。

Repeat after me !!

『ちょんぼすごすない』


がしかし!!、出雲弁の真骨頂は、「こそあどの活用」です!!

出雲弁をマスターしようと思ったら、こそあどの活用は避けては通れません

ほとんどの言葉に、「こそあどの活用」が適合されます。

例えば、
「これ」 → 「か」
「それ」 → 「さ」
「あれ」 → 「あら」
「こんなこと」 → 「こぎゃんこと」
「そんなこと」 → 「しゃんこた or そぎゃんこた」
「こんな風に」 → 「きゃん風に」
「そんな風に」 → 「そぎゃん風に or しゃん風に」
「こういう感じ」 → 「こげ」
「そういう感じ」 → 「そげ」

ね、難しいでしょ?(笑)


以前テレビで、方言の日本における分布というのをやっていて、
日本地図方言の系統別に色分けした場合、
なぜか知りませんが、出雲地方だけ、ポツンと東北と同じ色だったのです。
まぁ、以前から言われていることですが、
出雲弁も、「ずーずー弁」ということです。

さぁ、これであなたも出雲弁の虜です(笑)


from Amazon: