現状維持

今日は月に一回の通院の日でした。

今仕事で、かなり大きいプロジェクトを抱え込んでいるので、
それが終わるまで治療に対するアクションはやめましょう、という
ことを前から言われていました。
なので、今回の診断でも、「現状維持」です。
も現状維持で同じ量をもらいました。

今どういう薬をもらっているかというと、

パキシル(抗うつ剤)
リボトリール(抗不安薬←要は精神安定剤)
ソラナックス(抗不安薬)


●パキシルについて

これはいわゆる抗うつ剤です。
僕はパニック障害になってから、病院を3回変えました
それは、先生が自分に合わなかった。この病気に対してあまりにも無知だった。
などなどもろもろの理由があったのです。
なので、病院を変えるたびに抗うつ剤も変わりました。

アモキサン ← 全然効果なし。。。
 ↓
ドグマチール ← これもほとんど効果なし。。。
 ↓
パキシル ← 効果絶大!


抗うつ剤もどんどん進化していて、

・三環系抗うつ薬(第一世代)
・三環系抗うつ薬(第二世代)
・四環系抗うつ薬
SNRI (Selective Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors)
SSRI (Selective Serotonin Reuptake Inhibitors)

僕もパニック障害について、本やネットでいろいろ調べました。
そうすると、やはりパニック障害にはSSRIという薬が効くというところがほとんどでした。
しかし、SSRIが日本で認可されたのが最近なので、
まだ抗うつ剤としてSSRIを処方してくれるところは少ないようです。

『パキシルは、「パニック障害」を正式な適応症とする唯一の薬です。』

と書いてあるくらいです。

デマとして「ソラナックスがパニック障害の特効薬だ」というのがあるらしいですが。。。

現在通っている先生に見てもらったら、あっさりとSSRIである「パキシル」を処方してくれました。

これは自分でもびっくりするくらい効果てきめんでした。
パニック障害の症状が、ではなく、精神状態があっという間に回復したのです。
抗うつ剤ですから、その名の通り、「うつ」状態が日に日になくなっていくのが
実感できました。
その代わり、副作用も結構ありました。
吐き気、倦怠感。。。。あと、ここでは言えないような副作用(^^;)