あ〜情けなや。。。

今日、会社の帰りに市電に乗って帰ったんですが、
その中での出来事です。
いつも会社への行き帰りはiPodを聞きながら通勤してるんですが、
今日の帰りもいつものように聞きながら電車に乗って、
携帯のアプリのゲームで遊んでました。

で、目的の電停で降りようと思って立ち上がったら、
なにやら出口の方で大きな声が聞こえます。
見たら、なんか酔っぱらったおっさんが、
塾の帰りであろう小学6年生くらいであろうか、その子に、

なんだ〜!?、あ〜〜!?

といちゃもんをつけ、ガスガス叩いていました。

決して殴っているわけではないですが、
ちょっかいを出しているという感じでした。
その子の顔を見ると、明らかに怯えています。
そして電停に止まろうとする時に、
すっと近くのおじさんが立ち上がって、

おい、なにやってんだよ!?

と仲裁に入ったのです。
するとその酔っぱらいおっさんは

あ!?、やんのか?こら!

と、いかにも喧嘩上等の構えです。
がしかし、そのおっさんも酒の力に任せて勢いづいてるだけなのでしょう。
かかってこいや的な言葉を言っておきながら、その電停で
そそくさと降りていきました。

そしてその仲裁に入ったおじさんが、その子に向かって、

大丈夫か?よっぱらってたんだな〜

と優しい言葉をかけたのです。

そそくさと逃げていった酔っぱらいおっさんも情けないですが、
その仲裁に入ってやれなかった自分も情けない。。。
明らかに怯えた子供を目の前にして、注意することもできないなんて。。
自分の腕っ節がどうのではなく、
別に喧嘩に弱くてもそういう場面で仲裁に入ることができる人間でありたいな〜と
思った一瞬でした。