恐くないよ~

実は、ブログに書くにも恐ろしいことですが・・・

ダンナ


海水魚を飼う準備を着々と進めておりますm(T∇T)m





家の中でダンナが“動く”ということは、残骸も含めて

わけのわからないモノが多数生まれるということを意味します。





いや~ 恐ろしや恐ろしや・・・・


{{{{( ▽|||)}}}}ぞぉ~~~~~

ダンナは物を作ることが得意なのです。


日曜大工の粋を超えているんじゃあないのかなぁと思うほど
何でも自分で作っちゃいます。


本人も相当好きらしい。


それはそれで尊敬していますし

我が家も様々な恩恵を受けているのですが・・・。

悲しいかな


作ることに夢中になると周りが見えなくなります。







こんなことがありました。




新居に引っ越して間もない頃、

ダンナはヘンピなモノに溢れた書斎にこもりました。


もちろん片づけるためです。



ところが書斎からは




ガーガー ドンドンドン・・・





とても普通の片づけとは思えない、

工事現場みたいな音が聞こえてきます。


しばらくして覗いてみると・・・










彼:「いや~ 我ながらいい出来だよ~

   ちょっとこういうのは出来ないよ~ 


   みてみて♪ 

   ここのサイズが ほらっ!


   ぴーったりなのー♪
   
     買ったらこうはいかないよ~ o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o ウキー♪」







( ̄∇( ̄∇( ̄∇ ̄;)!!ガーンガーンガーン………






足の踏み場もない部屋で、

たった一つのマニアックな道具を置くための棚を作っていたのです。



もちろん、他のモノは何一つ片づいていません!


いえ、それどころか

棚を作るための作業で発生した残骸で


更に散らかっているほどです。







ガクゥゥ・・(||__)/・・・









で、今お作りになっているのはですね

海水魚のために、水槽の水を濾過する装置?らしいです。

買うと○十万もするものらしいのですが、


ネットで調べて、ホームセンターの日用品を利用して


自作でお作りになっているのです。





確かに家計にも相当ありがたいです。

じゅぶん尊敬もしています。







でも・・・ 恐いんです。






ノコギリで削る音。

ドリルの音。

どこからどう繋がっているかわからないホースから流れ出る水。


作業の後には

すさまじい残骸と小さな部品の数々が散乱します。




それに、日中一人でいる時に水が溢れ出したらどうすればいいのか・・・。




さすがに最近では、ダンナ


私の心配と恐れおののく表情がわかるようになってきたらしく







彼:「だ~いじょうぶだよ~。  

   ちゃ~んと後で片づけますからね~。

   
   恐くない恐くない。

   怪しくないからね~。

   気にしないでいいよ~。
 
   見なくていいからね~。









これって・・・ 


すご~く 恐くないですか・・・?