タグ「Internet」が付けられているもの

2010年の当ブログアクセス解析

当ブログの2010年のアクセス解析をまとめてみたいと思います。使用したのは、Google Analyticsです。

このブログは2010年5月からなので、まとめとしてはちょっと中途半端です。

人気エントリー


10位 Openwave SDK 6.2K の在処

現在、Openwave SDKのdevelopperサイトが閉鎖中に追記、みなさん探しているようです。


9位 Windows Media Player 11でAVIファイルが再生できないときの対処

最新のWMPにしても同じなんですかね~。XPの方ですかね、ここにたどり着いているのは。


8位 [MySQL] MySQLへ外部ホストからの接続設定

結構基本的な内容ですが、需要があるようです(^^;)。私もたまに自分のこの記事を見ます(^^;)


7位 WindowsXPのネットワークドライブ自動切断を無効にする方法

Windowsの厄介な代物、ネットワークドライブ・・・・。なんとかもっと利便性を高めてほしいものです。


6位 フルHDの壁紙リンク集を作ってみた

家の液晶モニタを1920x1080のフルHDモニタに変えたときに壁紙がなくて探していたときに書いたものです。みなさん、そういうモニタに変えていく頃でしょうか?


5位 <meta name="description" content="**">がすさまじくSEOに効くぞ

ちょっと大げさな内容ですが、この記事の内容に信憑性があるかどうかは自分でも不思議です・・・・(^^;)


4位 EC-CUBE インストール方法

なぜ公式のページがあるのに、ここにアクセスが集まるんだろう?


3位 多次元配列をソートする(PHP)

意外と盲点??多次元配列って。


2位 綺麗なログイン画面デザインのためのインスピレーション 36選

これは海外のサイトの紹介ページなのですが、たしかにかっこいいログインページを作りたいものです。


1位 CentOS 5.3 にPHP 5.2.9とMySQL 5.1.34をインストールする

たぶん、みなさんCentOS入れたけど、phpMyAdminが入らなくて困っているようですね(^^;)


zenbackつけたけど、やめました

[note]2010年12月13日 追記
だいぶ動作が安定してきており、evernoteやmixiチェックにも対応したこともあり、再度付けました(^^;)[/note]

ブログパーツ?として、最近リリースされたzenbackですが、目新しいサービスだったのでしばらく付けてみました。


実際にこのブログにつけて、しばらく時間が経ってからすべてが表示されるのを待ってキャプチャしてみました。

feedburner

いつからこうなっていたのかは記憶していないのだが、FeedBurnerのRSS経由でリンクをクリックすると、以下のような余計なクエリ文字列が付くようになってしまった。

http://www.multiburst.net/ElectricBrain/2009/12/7-month-old?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed:+jp/ElectricBrain

これは、FeedBurnerがGoogleに統合され、Google Analyticsで統計を取るためであろうか、余計な文字列がくっつくようになった。

これでは、パーマリンクが台無しだ。

これをやめたい時の方法をメモ。

twitter_title

今、ちまたではTwitterというWebサービスが脚光を浴びています。

とにかくはやってるみたいだから、初めて見たい人、はやりものにはとりあえず手を出したい人、などなどいると思います。

私ももれなくこのサービスを利用しているのですが、今回はこのTwitterを今から始める人のための手順などを書きたいと思います。

まずは登録する


なにはともあれ、Twitterに登録しないと話が始まりませんので、登録してみましょう。

Twitterホームへ行き、「今すぐ登録」を押しましょう。


今すぐ登録を押す

「FAST ESP Document Retriever」が酷い

最近、「FAST ESP Document Retriever」というクローラ?がすさまじい勢いで自宅サーバにサクセスしている。

正確にUser-Agentを書くと、


FAST ESP Document Retriever/CVS HEAD 2008-01-02 20:19:11 UTC

である。

このクローラ、baiduより酷く、すさまじい勢いでクロールしていくのです。

上記クローラの正体は不明。

ちなみにこのクローラ、GETやPOSTではなく、HEADメソッドでアクセスしてくるので、それほど負荷にはならないものの、httpdプロセスは立ち上がってしまうわけで。。。。

前々から思っていたのだが、海外の検索エンジンのクローラーは行儀が悪いのが多い!

というのも、自宅サーバのApacheのアクセスログを[tail -f access_log]で見ていると、baiduとかyetiとかが、サーバーの負荷とか考えてないだろ!というくらいにアクセスしてくる!


  • baidu (中国)

  • Yeti/Naver (韓国)

  • など


しかも、これらの検索クローラーは、robots.txtが意味をなさない場合が多い。

それにこれらの海外クローラはアクセスしてきても、それらをインデックスしているページから飛んできてもほとんど意味がない。。。言語違うし・・

百害あって一利なし!!

ということで、Apacheでアクセスそのものを拒否ることにした。

Apacheの設定は以下の通り。

CNET Japanにてまとめられて、私も後で使いたいのと、備忘録という意味で書きとめておきます(^^;)

AVG Anti-Virus Free Edition 8.5



AVG Anti-Virus Free Edition 8.5 は、ウイルス、スパイウェアに対する無料の保護を提供します。個人および非商用ユーザーに最適です。AVG Anti-Virus Free Edition 8.5 は、ウイルス対策機能だけでなく、スパイウェア対策機能も搭載しました。また、GoogleやMSNのwebサイトで検索を実行した際、検索結果に対して、リンク先が安全かどうかを表示する機能も搭載されました。(リンクスキャナ - サーチシールド機能)

Spybot-Search & Destroy



Spybot - Search & Destroy は、まだ一般的なアンチウイルス アプリケーションではカバーされていなかった比較的新しい種類の脅威を検出し、削除します。 スパイウェアは、ユーザへの承諾なく、広告会社に販売するためのマーケティング プロフィールを作成するために、静かにユーザのインターネットでのブラウズの活動を追跡します。 もし、今まではなかった、新しい Internet Explorer のツールバーがインストールされていたなら、もし、ブラウザが不可解なクラッシュをするなら、もし、ホームページが(ユーザの承諾なく)「ハイジャック」されたなら、そのコンピューターはスパイウェアに感染している可能性がかなり高いです。 兆候を見なくとも、ますます多くのスパイウェアが出現しているので、もしかすると、このコンピューターも感染しているかもしれません。 Spybot-S&D は無料であり、何がそのコンピューターに侵入したかを見ることができます。また、それに害は全くありません。

Internet Explorer 8 をインストールしてみた

今日、Internet Explorer 8 (IE8)がリリースされたと言うことで、早速インストールしてみた。

Internet Explorer 8 をインストールしてみた

以下のページからダウンロードできるようになっている。


IE7の時のように、インストール時にこけたりはしなかったが、いちを正常にインストールできたようだ。

日本語全文検索システム「Namazu」の最新版である、2.0.19が公開された。


これは、1年ぶりのリリースになるのかな?

今回のリリースで追加になったのかよく分からないが、UTF-8の文書も処理できるようになったらしい。namazuは数年前に使ったことあるのだが、そのころはまだUTFは処理できなかったような気がする・・・

以下、リリースノートからの抜粋です。

今更ながらではあるが、このブログのサイドバーに、はてなブックマークカウンターの画像を付けてみた。

↓こんな感じになった。

はてなブックマークカウンターを付けてみた

ブログのシステムをWordPressに変更した際、パーマリンクも変更してしまったので、WordPressに移行してからのブックマーク数と言うことになる。

最近、オンラインストレージの勢いがすごいですね。

ちまたで流行っているdropboxは私も使用していて「これはすごい!」と感動していたのですが、また新たにオンラインストレージのサービスが出てきました。

livedrive


このサービスはまだβ版ですが、なんと言ってもすごいのは、無料、容量無制限!というところでしょうか?

やはり、ローカルマシンのストレージは、単なるオンラインストレージのキャッシュにでしか過ぎなくなるんでしょうか・・・(^^;)

どこまでクラウド・コンピューティングは進んでいくんでしょうか。

Webサイトのコーディングやデザインなどで、IE(Internet Explorer)の各バージョンでの確認が結構大事だったりするのですが、その作業を簡単にできるツールがありました。


このツールには、IEの5.5から最新のIE8 β2まで入っている。

画面は以下のように複数のウインドウで比較できたり、各バージョンでURLを開くことができるようになっている。

もちろん、下の図のように日本語にも対応しているのがうれしいところ。

 私も愛用している、タブブラウザ「Sleipnir」がバージョン2.7にアップグレードした。

 主な更新内容としては、「高速化」。

 

Sleipnir 2.7 では全体的なパフォーマンス向上のために、ソースコードレベルで100箇所以上におよぶチューニングを行いました。その結果、動作速度、安定性などが劇的に向上し、例えばオフィスのような PC スペックが低い環境下においても、 Sleipnir の持つ高度なカスタマイズ性を存分に発揮でき、従来以上に快適な Web ブラウジングが行えるようになりました。


ということだそうだ。

 その他変更点等は下記のページへどうぞ。