息子の胎毛筆完成!

息子の胎毛筆

息子の胎毛で作った筆、いわゆる胎毛筆が出来上がりました!

胎毛筆というとあまりなじみがないかもしれませんが、広島には熊野町という筆の名産地がありまして、胎毛筆は広島では結構ポピュラーなものだそうです。私は知りませんでした(^^;)

胎毛筆というのは、あかちゃん筆とも呼ぶらしく、以下のように書いてあります。

胎毛筆(赤ちゃん筆)とは、赤ちゃんが生まれて初めて切った髪の毛を使って作る貴重な記念筆のことです。一度髪の毛にハサミを入れてしまうと生まれたままの毛先が失われてしまうため、繊細な毛先が残っている髪の毛で作ることができるのは、一生に一度のチャンスです。

とのこと。

妻が行っている美容院で取り扱っているらしく、息子の初めての散髪に合わせて切ってもらい、その毛で胎毛筆を作ってもらいました。

“息子の胎毛筆完成!” の続きを読む

[子育て] 今日は息子の2歳の誕生日

2011年、息子への誕生日プレゼント

久しぶりのブログ更新になります(^ ^;)

今日は、うちの息子の2歳の誕生日でした!

2歳になりました!!2歳!

生まれてから2年も経つのか~、と感慨もひとしおです。

上の画像のブロックは、誕生日のプレゼントとしてあげた、アンパンマンのブロックです。

うちの息子は、5月5日生まれの男の子です。なので、こどもの日というものを盛大に(^ ^;)

“[子育て] 今日は息子の2歳の誕生日” の続きを読む

2010年振り返り

2010年振り返り

12月31日ということで、今年2010年を振り返ってみたいと思います。

子育て

今年は、なんと言っても子育て一色といったところでしょうか(^^;)。といっても、一番大変だったのは、嫁ですが・・・

日に日に成長する息子を見て、一喜一憂する日々。

夫婦で泣いたり、笑ったり、怒ったり。

自分がこんなに喜怒哀楽を感じるようになるとは思いませんでした。

ふと昨日、1年前のビデオを見たのですが、息子、若い(笑)、、、といっても7ヶ月のときですが・・・・

そのころもかわいいし、今もかわいい!。いや~、親バカ全開ですね~。

今振り返ってみると、1年前はぜんぜん子育てに積極的じゃなかったな~と。といっても今できているのかというと、そうでもないですが・・・・

やっぱり家族を第一に考えて生きなければな、と考え直しました。

「イクメン」と簡単に言いますが、そういうことではなく、育児・家事をする一員として当たり前に過ごす?生活ができればな、と思っています。(ちょっと文章が意味不明ですが・・・・)

「手伝う」のではなく、「普通にそれをやっている」という感覚で。難しいですね(^^;)

“2010年振り返り” の続きを読む

[子育て] 1歳6か月になりました

うちの息子が、昨日で1歳6か月になりました。

いや~、あっという間なのか、ようやくなのかはわかりませんが、ついに1歳6か月!

で、昨日1歳6か月の検診に行ってまいりました。(嫁と・・・)

  • 身長:80.7cm
  • 体重:10.2kg

成長曲線で行くと、標準です。

よく食べ、よく寝、いっぱいうんちをする、健康優良児です(^^;)

“[子育て] 1歳6か月になりました” の続きを読む

[子育て] ジェラシーの嵐

最近、うちの息子のジェラシーがすさまじい・・・・(笑)

なにがきっかけかは不明だが、息子の気持ちを端的にあらわすと、

「お母さんは僕のものだ!!」

という感じ(^^;)

どんな感じかというと、

  • 嫁の手を僕の頬にすりすりしながら、「お父さん、お母さん大好き~」とやっていると、走ってきて、「う゛~~~」と言いながら、僕の顔を嫁の手から放そうとする(笑)
  • 嫁の後ろからピタッってくっつくだけで、またまた走ってきて両手でその間に入り込もうとする。またしても「う゛~~~」と言いながら。

といった感じで、

“[子育て] ジェラシーの嵐” の続きを読む

「親」って難しいね

いや~、ものすごく唐突なんですけどね(^^;)

改めて子育てって難しいな、と。

いや、むしろ「親になること」ってとても難しいなと思う今日この頃です。

親になる前に、結婚をして夫婦になるわけですが、それはそれで二人していろんな会話をするわけです。ここはああでもない、こうでもないって。

そうしていくと、お互いが持っている価値観に共感し、影響されることもあるだろうし、自分の価値観や考え方が間違っていること、はたまた自分では自分自身で気づいていなかった奥底の感情なんかにも気づくことができます。そういうことが、生きる上で結婚するっていうことの大きなアドバンテージだと思うんです。

そして、その二人の間には子供を授かります。

“「親」って難しいね” の続きを読む