SF作家アーサー・C・クラークが死去

私が愛してやまない映画の一つである「2001年宇宙の旅」で知られる、SF作家「アーサー・C・クラーク」が亡くなった。

「2001年宇宙の旅」で知られるSF作家のアーサー・C・クラークが90歳で死去した。3月19日未明、呼吸不全によりスリランカの病院で亡くなったと各紙が報じている。

クラークは1917年に英国で生まれ、1946年に作家としてデビュー。「幼年期の終わり」「2001年宇宙の旅」などの作品で知られ、ロバート・A・ハインライン、アイザック・アシモフと並ぶ3大SF作家の1人とされる。1998年にはエリザベス女王からナイトの称号を授与された。

これでまたひとつ時代の人が亡くなった、という気がする。。。

“SF作家アーサー・C・クラークが死去”の続きを読む