[映画] ソーシャルネットワークを観た

映画、「ソーシャルネットワーク」を早速見に行ってきました。

結論からいいますと、、、、エンターテイメント性はあまりなく、どろどろした人間ドラマです(^^;)

ハーバード大学でマーク・ザッカーバーグがWebサービス?を構築していくところは、見ていてわくわくしたのですが、いざfacebookが立ち上がると、そこからはほとんどが人間関係のいざこざばかり。

いわゆるサクセスストーリーなのかもしれないが、観終わってもどうもすっきり来ない(^^;)

多分、巨万の富というのは、その裏にはどろどろした人間関係がたくさんあるのか・・・と実感・・・・

まぁ、今のハリウッドの大作よりも、ある意味生臭い作品だったのでは、と思う。事実をもとに、多少の脚色がされている、とスタッフロール時に字幕が出たのだが、たしかに実際はもっと生臭い人間の感情表現があったのではないかな?と思わずにはいられない。

ストーリー性のある映画を求めてみるよりも、ドキュメンタリー映画を見る、ということで見に行った方がいいかと。

facebook自体まだまだ発展途上だと思うし、映画も途中で切られたような感覚で終わっています。で、続きは??という感じ。

私自身facebookのアカウントはありますが、ほとんど使っていませんし、触ってみましたが、まだよくわかりません(^^;)。mixiなどのSNSに慣れている人は、あのユーザーインターフェースにはなれないんじゃないかと思うし、多分そこに求めているものも諸外国と違うんじゃないかと思います。

ということで、facebookという世界最大のSNSの生い立ちを知りたい方、なにかの原動力がほしい方とかにはお勧めかもね~。

“[映画] ソーシャルネットワークを観た” への1件の返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。