カミハタ 「ラピッド プロ (RAPIDS PRO)」 を導入

諸般の事情から、海水魚水槽をリセットすることになりました。

そこで、いままでは90cmのノーマル水槽に、自作のオーバーフローを付けていたのですが、私は転勤族だし、いろいろ面倒なこともありそうなのです、濾過システムを変えることにしました。とても高価なオーバーフローシステムもあるのですが、とても手が出せません。

そこで導入したのが、カミハタの「ラピッド プロ (RAPIDS PRO)」

これからラピッドプロを購入される方、購入を検討されている方もいると思いますので、参考になれば幸いです。

まず、このラピッドプロの外観はこんなです↓
(それぞれの写真はクリックで拡大することができます)

今回私が購入したのは、ラピッドプロのフルセットの方です。フルセットになると、写真右側の自動給水タンクが付きます。

それでは、それぞれを説明していきたいと思います。

まずはオーバーフローボックスです↓

これは、水槽の縁に引っかけて、サイホンの方式で水がある一定の水位までくると、それをパイプを通して濾過槽へと送るようになっています。

実際に粋そうに引っかけると、こういう感じになります↓

一つ前の写真にあるように、サイホン部分と、噴出パイプが管でつながっており、サイホン内の空気を自動的に抜いてくれます。なので、サイホンの中に空気がたまってオーバーフローしなくなった、という心配はありません。

そして、ちょっと下の写真ではピンぼけしていてわかりづらいかもしれませんが、水位以上になった水が下に落ちていく様子がわかるかと思います。

そして、オーバーフローボックスの前部分はこんな感じです↓

便利な油膜取りが付いています。この油膜取り(透明なアクリル部分)を上下することでも、水槽の水位を変えることができます。

では、続いて濾過槽について。

濾過層は、下の写真のように三段階層になっています。

設置は、下から濾過リング、バイオボール、物理濾過マットとなり、それぞれが下の写真のように、箱に入る感じでメンテナンス性も抜群です。

ちなみに濾過リングはこんな感じになります↓

そして、すべてをセットすると、こんな感じになります↓

オーバーフローボックスから落ちてきた水は、この穴空きのトレイを通り、物理濾過のマットを伝って、下へ伝達され、バイオボール、濾過リングと順に濾過されるという仕組みです。

そして、濾過タンクを前から見た図がこれです↓

わかりづらいかもしれませんが、黒い物体が水中ポンプです。このポンプで水は持ち上げられ、オーバーフローボックスを通って水槽に戻ります。

ちなみに写真の下に付きだしているパイプは、自動給水タンクとの接合用のノズルです。

そして、ポンプの左側に見えると思いますが、円柱のなっている部分があります。これがプロテインスキマーです。その円柱の最下部にはスキマー用のウッドストーンが見えると思います。ここから微粒子の泡を出し、不純物を取り去って、下の写真の円柱の頂上に不純物がたまる仕組みとなっています。

このプロテインスキマーは、このてっぺん部分の上下の高さを変えることができるようになっており、スキマーのかかり具合を調整することができます。

続いて、下の写真が自動給水タンクです。

白い部分に真水を入れておき、海水が蒸発等で少なくなったときの補給用の真水入れです。

実際に濾過タンクと接続するとこんな感じ↓

写真では下で切れてますが、実際はパイプはつながってます(^^;)

濾過タンクの中の水は、ポンプの最下部や濾過性能を考えて、下の写真のように、海水位置の最低位置と最高位置が決まっています。

黒い線が入っていると思いますが、上の線が海水のMAX位置、そして下の線がMIN位置です。この二つの線の間にないと正常にオーバーフローとして機能しないそうです。まぁ、下のMIN位置は吸い上げポンプの最下部の位置ですね。

そして、実際に水を入れると、下の写真のように、濾過タンクの水位と自動給水タンクの水位が同位置にくるようになります。

そして、水位がMIN位置より下回ると、自動給水タンクから「ボコン!」と音が鳴り(^^;)、給水されるという仕組みになっています。(わかりにくい??(^^;))

では、改めて全体図を。。。

以上、参考になりましたでしょうか。

検討の判断材料になれば幸いです。


海水魚飼育用のフィルターシステム!【60Hz】ラピッドプロ スタンダード RAPIDS PRO 60Hz(…

“カミハタ 「ラピッド プロ (RAPIDS PRO)」 を導入” への20件の返信

  1. 無事に ラビットプロを落札しまして 導入完了しました!

    水位が低くなると スキマーの泡が水槽内まで
    入ってきて 見た目が悪くなりますね・・・・

    もうちょっと水位設定あげて欲しい所ですね・・・。

    このまま様子見で、時期ラビットのろ過だけ改造してみますね。

    導入情報ありがとう御座いました!

  2. 久しぶりに海水をやろうかと思いまして
    この製品に着目しております。

    便利な製品が出てたので時代の流れにビックリですね。

    昔は90cmOF水槽でやってたのですが、60cmの時と
    比べてかなりメンテに疲れ果て挫折しました。

    その後 数年60cm規格水槽で淡水をやってたのですが、
    やはり海水の魅力を忘れ切れません なので
    システムは手軽に 珊瑚は飼わない方向でと
    思っております。 給水システム スキマー機能
    ろ過層などが全て揃ったこの製品はとても魅力的で
    レビューも参考に成りました 製品を参考にして
    システムを完成させたいと思います。

  3. >yukioさん
    紐を垂らして成功おめでとうございます!

    エアポンプですか(^^;)
    私は別なエアポンプに交換しました(^^;)>静音タイプのものに

  4. ShowBooさん。
    紐を垂らしたところ落水音がかなり小さくなりました。
    今回使ったのは直系7mmぐらいの丸紐で30cmぐらいの長さのものです。
    水位調整の丸い部分に結び付けて10cmぐらい垂らしたとろで残りを交差させて落としました。
    真直ぐに垂らすよりかなり効果がありました。
    今までホースが水が落ちるたびに波打っていましたが、それもなくなりました。
    アドバイスありがとうございました。
    話は変わりますが、エアーポンプもジージー音がして煩いですね。

  5. ShowBooさん。
    いつもご連絡ありがとうございます。
    フィルターボックスの落水音は、水が落ちる所にスポンジを入れたら音が小さくなり効果がありました。
    オーバーフローボックスの方は、水位調整が付いている所に同じようにスポンジを挟んで流量を抑えることで少し音が小さくなりましたが、流量が少なくなる分オーバーフローの仕組みが若干狂るようで水位が2cmぐらい上がってしまいました。
    糸はまだ試してないのでやってみます。
    水中ポンプに流量調整が付いていればもう少し落水音も抑えられる気がします。メーカーでは推奨していないようですが・・・。

  6. >yukio さん
    お返事が遅くなってすみません。

    >落ち口?から糸を垂らしておくというのは、オーバーフローボックスの水位調整が付いている水が流れ落ちていくところに垂らせばいいのでしょうか?

    そうですそうです。
    ラピッドプロで効果があるかどうかは分かりませんが、
    糸を垂らして、水の流れをつくる、ということらしいです。
    糸は木綿糸とかでいいんじゃないでしょうか?

  7. ShowBooさん。
    ご連絡ありがとうございます。
    はい。購入して昨日四苦八苦しながら組み立てました。
    海水はまだまだ初心者でオーバーフローの仕組みもよく分かっていませんが、凄い勢いで水が流れ落ち、これほど音が煩いとは思っていませんでした。
    落ち口?から糸を垂らしておくというのは、オーバーフローボックスの水位調整が付いている水が流れ落ちていくところに垂らせばいいのでしょうか?
    また糸は木綿糸のような物でいいのか、もっと太い釣り糸のような物がほうがいいのでしょうか?
    無知でお恥ずかしいですが、教えていただけると助かります。

  8. >yukioさん
    購入されたのですね!
    オーバーフローボックスの水の落ち口に透明なアクリルケースを付けていくらか消音できるようになっていますが、そのアクリルケースは付けておられますか?
    あと、一般的なオーバーフローの流水音対策として、落ち口?から糸を垂らしておく、というのがあります。

  9. ShowBooさん。
    先日問合せさせていただいたyukioです。
    ラビットプロ思い切って購入しました。
    水中ポンプの音はShowBooさんを参考に標準のゴム足の下にスポンジをひいてみました。まだ音はしますが多少消音効果はあったと思います。
    問題は水の音なんです。オーバーフローボックスの水の音がかなり大きくて、例えば強い雨が降った時にマンホールに水が流れていく音に近いと思っています。
    メーカーからもオーバーフローの性質上多少落水音はするが気にならない程度。ShowBooさんも水の音はさほど気になりませんよ。とのことでしたが・・・。
    設置の仕方が悪いのでしょうか?ホースはメンテナンスの都合上長めにしてあってたるませてあります。
    もし、気づいた事がありましたら教えてください。
    よろしくお願いします。

  10. ShowBoo様。
    水中ポンプの方だと対策がしにくいですね。
    再検討してみます。
    ありがとうございました。

  11. >yukio さん

    水中ポンプのほうです。
    改善したと言っても、気にならなくなった程度ですが(^ ^;)

  12. ShowBoo様。
    早速のご返事ありがとうございます。助かります。
    もう少し教えて下さい。
    音が煩いのは、外置きのスキマ用のエアポンプでしょうか?
    それとも、水中ポンプの方でしょうか?
    またゴムを付けた事でどれほど改善されたのでしょうか?
    お忙しいところ申し訳ありませんが、教えていただけると助かります。

  13. >yukioさん
    モーター音はけっこうします・・・
    私も水槽をおいているリビングの隣で寝ているのですが、
    モーター音が気になって、標準のゴム足以外に自作でゴムをつけています。
    水の音はさほど気になりませんよ。
    たしかにガラス蓋はできません。
    なので、自作でアクリルでくりぬいて蓋を作りました。

  14. よろしければ、教えて下さい。
    海水魚飼育の為にラピッドプロを購入しようと考えています。
    寝室に水槽があるため、音が気になります。モーター音や水の音は静かでしょうか?
    また、オーバーフローボックスを使用すると水槽のガラス蓋ができないように思いますが、どうしてますでしょうか?

  15. >ヒロさん
    私も以前はディスカスをやってました(^^;)

    プロテインスキマーは基本的には水分中の小さな汚れを取る程度で、結局食べ残しや糞などは取ってくれません。
    また、殺菌灯については私は付けてました。細菌による魚の病気が気になるようでしたら、付けることをオススメします。

  16. ShowBooさんご連絡ありがとうございます。助かりました。あともう少し教えて頂きたい事があります。
    ラピッドプロはオーバーフローという事ですが、海水面のゴミをとるには有効だと思いますが、底にたまったものなどは、難しいと思っています。showBooさんは、底などにたまったゴミは普通の水かえのようにポンプで吸い取っているのでしょうか?又、私は今までに淡水魚(ディスカスなど)しか飼育した事がなく、あまりお金もかけれないので、できるだけ安くと考えております。ラピッドプロにはプロテインスキマーが付いていますが、これは汚れなどに有功なんでしょうか?あと海水魚であればよく殺菌灯なども使用していますが、これらの必要なんでしょうか?
    もし宜しければ教えて下さい。

  17. >ヒロさん
    コメントありがとうございます。
    たしかにラピッドプロにクーラーは接続できません。
    まぁ、パイプを多少加工すればつなげられなくはないと思いますが。。。

    私の場合は、別の外部フィルターにクーラーを付けて使用しておりました。

    別フィルターもしくは別ポンプでクーラーを付けるのが妥当だと思います。

  18. もしよろしければ、教えて下さい。
    私も海水魚飼育の為に、このラピッドプロを購入しようと考えております。
    しかし1つ疑問がります。カミハタのサイトをみると注意事項として、冷却装置との接続はできないとありました。
    夏など気温が高くなると、クーラは必要ですが、このラピッドプロを使用する場合、別の外部フィルターなどを使用して、クーラを接続するのでしょうか?どのようにすれば良いのでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。