賞味期限付きのイッシュロック

今日、会社にとあるメーカーさんが来たのだが、そのメーカーさんが持っていたインシュロック。

まぁ、これを見る感じでは普通だが、あるところを拡大してみると。。。


な、なぜできるだけで早く使用しなくてはならないの?(笑)

生もの??(笑)

そんなインシュロック、大切な場所に使えないよ~~~!!(^^;)

“賞味期限付きのイッシュロック” への7件の返信

  1. >JunYamaさん

    はい、私工具大好きです(^^;)
    DIY大好き人間です(^^;)
    休みの日はよくホームセンターに行って、買いもしない工具を眺めております(笑)

    このブログを見て、参考になる方がいれば私も嬉しいです(^^)

  2. いや~(^^;)

    職人や、業者の方々に色々教えていただいたので、このblogを観られている方に、今後の知恵というか仕事や生活に役立てばと思いまして、書き込みさせていただいたしだいです。

    インシュロックも、自分が見聞きした事ともたまたま熱帯地域製でしたから、参考までに書き込みしたしだいです。

    showBOOさんもプライベートで色々な工具も持ってみえるようでしたから、書き込みさせていただきました(A^^;)

  3. >JunYamaさん

    なんかメチャメチャ詳しいですね(^^;)
    ですが、そこまでの工具への知識は私の仕事にはいらないかも(笑)

  4. 上段の補足です。

    ドリルの場合、材質が硬いと1本のドリル加工回数が多く、柔らかいとドリルの先が、スグへたるから、寒冷地製の物がいいそうです。旋盤やフライス盤等で使用するチップ等、特にその傾向が現れます。ただし、熱帯地方製の方が、寒冷地方製より金額が安いですが・・・。

    以上、補足です(^^;)

  5. made in シンガポール!!
    もしかして、南国製だからって理由だったりして…(A^^;)

    ドリルなんかは、熱帯地方製造より、寒冷地方、特にロシアやスウェーデン方面製を職人や、業者さんから進められます。
    なぜかというと、材質が硬い為、加工精度が保ちやすいとの事。熱帯地方製造の物は、冷却温度が高い為(特に気温の影響が大きい)素材の硬化が、寒冷地方のより少ないそうなんです。寒冷地地方の場合は、ご存知の通り、気温が低い為より、素材の硬化が進むという理由からだそうです。

    今後のshowBOOさんの仕事等に活かしていただけたらと思い、ご参考までに書き込んだしだいです。
    お役に立ちましたでしょうか…(A^^;)

  6. >JunYamaさん

    お久しぶりです(^^;)

    ほんと、消費期限的な表現ですよね〜、これ(笑)
    ひさしぶりに見たとき大笑いしました。
    ちなみにこのインシュロック、「made in シンガポール」でした。。

    僕も他のメーカーでこういう表記がないか調べてみます(^^;)

  7. 神出鬼没にジャジャジャジャーン v(^^)v
    またまた、いきなり参上いたしましてごめんなさい(A^^;)
    インシュロックの賞味期限(消費期限?)なんて、あったんですねえ…。仕事上、しょっちゅう使用しますが、そこまで気にして見た事がないですから…(**)もしかして、このメーカーだけの話か、それとも、他のメーカーも、その表示をしているのか不明ですが…。
    すいませんねぇ、いつもいきなり参上しまして…。また、次回も神出鬼没に参上いたしますねv(^^)v

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。