エゴグラム

昨日会社でとある講話会がありまして、そこで「エゴグラム」というものを診断しました。

『エゴグラム』はアメリカの心理学者J.M.デュセイが開発した性格分析法で、今では世界中で広範囲な分野に用いられ高い評価を得ています。
『エゴグラム』は人の心を5つの領域に分類してグラフにしたものです。『エゴグラム』はどの型が優れているとか逆に悪いとかいうものではありませんが、多くのエゴグラムを解析した結果、ある種の共通した性格や生き方が見られることもわかっています。

ということらしい。

「エゴグラム」についてちょっとまとめてみた。

ネット上でもオンラインでエゴグラムを調べるサイトもある。

「エゴグラム」は、50の質問に対し、それに答えるだけで243パターンもの性格が判別されるという。

エゴグラムのベースとなる考えによると、人の心には3つの領域があると考えられており、1つは親の心の「P (Parent)」、1つは大人の心の「A (Adult)」、1つは子供の心の「C (Child)」です。親の心「P」は父親の心「CP」と母親の心「NP」に分かれます。子供の心「C」は自由な子供の心「FC」と順応する子供の心「AC」分かれます。

ということで、人の心はCP、NP、A、FC、ACの5つの領域に分けることができます。
個人個人の性格や年齢、生活環境によってそれぞれの領域の優位や不足があり、そのバランスをグラフ化したものがエゴグラフなのです。

それぞれの領域の内容を表したのが下の図です。

では、それぞれの心について解説を。

  • CP
    • 信念に従って行動する厳しい父親のような親の心です。自分の価値観や考え方を優先して理想を求めます。CPが強すぎると尊大で批判的になりがちです。
  • NP
    • 思いやりを持って世話をするやさしい母親のような親の心です。親身になって人の面倒を見る優しさが特色です。NPが強すぎるとおせっかいになります。
  • A
    • 事実に基づいて物事を判断しようとする合理的な大人の心です。データを集めて理論的に処理していきます。Aが強すぎると打算的で冷たい人間に見られます。
  • FC
    • 自分の欲求のままに振る舞い自然の感情を表す自由な子供の心です。明るく無邪気で行動的です。FCが強すぎるとわがままで他人への配慮に欠けてきます。
  • AC
    • 自分の本当の気持ちを抑えて相手の期待に応えようとする順応した子供の心です。ACが強すぎるとイヤなことをイヤと言えずストレスをため込むことになります。

と、それぞれこのような心を意味しています。

それでは特徴的なエゴグラムを紹介します。

  • 1

NPをピークとしたゆるやかな山型です。NPが高いのであたたかみがあり対人関係がうまくいきやすく、FCもある程度高いので自分を適切に表現することができます。またACがFCに比べて低いのでそれほど自分を押さえつけることもありません。人間関係がうまくいきやすいタイプです。

  • 2

CPとFCが高くNPとACが低い逆N型です。CPが高いので他人に批判的になりやすく、FCも高いため自分を表現することは得意です。一方NPが低いため温かみにかけるところがあり、ACも低いので自分をあまり抑えません。自身を持って生きていますが、ともすると周りとの間に摩擦が生じやすいタイプです。

  • 3

NPとACが高くCPとFCが低いN型です。NPが高いので人には親切で思いやりがあり、ACが高いので自分を必要以上に抑えてしまいます。一方FCが低いため本当の自分を出せません。自分を抑えて人のためにつくし、相手から認めてもらって初めて心が安定します。しかしやりたいことがやれず、言いたいことも言えない傾向があるためストレスがたまりやすいタイプです。

  • 4

NPを底としてACに上がっていく谷型です。NPが低いので人の世話をしたり積極的に人とふれあいを持とうとする気持ちが弱く、ACが高いため自分のやりたいことも周りを気にして抑えてしまいます。何をしてもだめと感じやすく悲観的なタイプです。

という風に、特徴的なものが挙げられます。

ちなみにエゴグラムのグラフの一番上を100%とすると、5つの心それぞれ、25%~75%に入っていれば「普通」ということらしいです。75%以上だとその心が突出している、25%以下だと欠落している、ということらしいです。

で、一回この診断をやったからといってそれで終わりやそれがあなたの人生すべてというわけではなく、自分の心を知って変えることもできるわけです。いわゆるMindHackですね。

それぞれの心をのばすにはどうしたらいいかというのもあります。

  • CPの上げ方
    • CPの低い人は自分を主張することができずつい相手に譲ってしまう傾向があります。厳しいことを言わず人には寛大なところが多く、相手に合わせて行動するので波風は立ちません。CPが低い人は親になったり人を管理する立場になったとき、指導力のなさを感じる事があります。CPが上がると自分の価値観に基づいた自分なりの生き方ができるようになりますが、CPを上げても健康面ではあまり役に立たないことが多いです。
      • 軽はずみな冗談はなるべく慎み、できるだけ無駄口をきかない努力をします。いったん口にしたらその意見を簡単に引っ込めないようにしてください。
      • 時間やお金に厳格になってください。約束の時間は守り、相手がそれを破ったらきちんと理由を聞くようにしてください。
      • 生活の時間割をたてて、可能な限りそれを守るようにしてください。
  • NPの上げ方
    • NPの低い人は人の世話をしたり人をほめることがほとんどありません。周りの人からは冷たい人と思われやすく、親しく付き合える人の数も少なくなります。しかしこちらから相手に親切に働きかけるとNPが高くなり、持ちつ持たれつの人間関係に発展していくようになります。
      • ご主人やお子さん、恋人などのためにおいしい料理を作ってみてくださ