「Perfume ~Complete Best~」(中田ヤスタカ) を買ってみた

別にPerfumeというアイドルグループが好きだ、というわけではないが、中田ヤスタカのサウンドをもうちょっと知りたくて買ってみた。

↓これ


Perfume ~Complete Best~

まず結論から言うと、私、中田ヤスタカのサウンド、好きです。

ではちょっと細かい分析を。

と、分析の前に私が中田ヤスタカを知ったきっかけは、ドラマ「LIAR GAME」の音楽担当が中田ヤスタカだった、というところです。オープニングテーマを聞いたとき、「なんだ?このサウンドは??」と思って調べてみると、中田ヤスタカでした。
しかしそのころの私の中での中田ヤスタカは無名の存在。いろいろネットで調べてみると、結構まえからフィーチャーされているではないか。そして、中田ヤスタカはcapsuleという自身のユニットのほか、Perfumeなどのプロデュース、楽曲提供なども手がけている、と。Perfumeの存在は、私いちを広島県人なので知っていた。「LIAR GAME」のサントラCDを発売日に買いに行ったとき、ショップでなかなか見つけることが出来なかった。新作にもかかわらず。「LIAR GAME」というドラマも確かにビッグヒットしたわけでもなく、必然的に、そのサウンドもより多くの人の耳に入ったわけでもないわけで、、、ま、こんなもんかな、とも思っていた。
しかし今回、「Perfume ~Complete Best~」をショップに買いに行ったとき、同じような状況だった(笑)。いちをPerfumeって3人とも広島出身のアイドルグループなんですが。。。。>ショップさん
先日「Hey! Hey! Hey!」にも出てたくらいですよ。。。いくら何でも「は行」でまとめるのはどうかと思うが(^^;)

さて、前置きが長かったですが、このアルバムの考察をば。。

このアルバムには、CDとDVDの2枚組で、DVDの方にはPVが4曲収録されている。
ざっと中身を見て気が付いたのだが、Perfumeって最初から中田ヤスタカがプロデュースしてるんですね。

中田ヤスタカというサウンドは、このアルバムだけでも理解できるのだが、今回は自身のユニット「cupsule」のアルバムも会わせて聞いてみた。

で、Perfumeもcupsuleも同様に、その中田ヤスタカのサウンドの特徴は、聞いてもわかるとおり、

  • 太いリード系のシンセベース
  • エフェクティブに加工されたボーカル

が、際だっている。これはPerfumeがメジャーデビューしたあたりからが顕著ではないだろうか。

まず、シンセベースについてだが、これはアナログシュミレータ系のシンセなのか、プラグインなのか定かではないが、非常にクリアだ。しかも、曲によってはダブリングまでやっているのもある。そこまで全面に押し出している。私自身、このリード系のベースラインというのは好きで、MATRIXのサウンドトラックでも知られるようになった、JunoReactorも多用してる。ただ中田サウンドの中でのベースラインで言えることは、テクノお得意のフィルターのカットオフやDecayをぐりぐりやるわけでもなく、そのまんまストレートなところだ。多少やってはいるが、例えば1小節単位でカットオフやレゾナンスというを変化させていっている。これまでテクノの王道が線形なフィルタリング手法だとすると、中田サウンドは非線形という感じか。マメだ。。。

次にボーカルであるが、ここまでエフェクティブに加工されて、アーティスト自身はどう思っているだろうか(^^;)
言ってみれば、もはやボーカルということではなく、サウンド全体の一音色に過ぎないのであろう。エフェクティブに加工した上、さらにその後ろにボコーダーサウンドまで足している。これはもはやオーケストレーションの一つであろう。

さらに他のサウンド要素を聞いてみる。

基本的にキックは4分打ち、リズム隊は裏打ちである。先述したが、キックとリード系のベースラインの音圧は相当高くミックスされている。余談だが、CDのクレジットを見る限り、中田ヤスタカが、作曲・編曲とやっており、しかも、Mix、Masteringまでやっている。スタジオワークもかなりのレベルといえるし、そこまで自分でやるというこだわりが見える。

このアルバムを時系列で並べて聞いてみるとわかるが、やはりメジャーデビューしたころからのサウンドは多様性を増している。というか、いろんなジャンルのモノをどんどん取り込んでいっている。テクノ、エレクトリックポップ、トランス、渋谷系、ハウスなどなど。今現在のジャンルわけとしてはエレクトリックポップになると思うのだが、このアルバム自体をそこにジャンルわけするとは難しいんではないかなと。。。

他に考察するほどでもないかもしれないが、サビ・もしくはBメロの歌詞の言葉数が少ない。これはなにを言っているかというと、母音で伸ばす部分が異様に多いことだ。エフェクティブに加工されたボーカルを母音で伸ばすことによって、その部分でボーカルのデチューン効果がより際だつ。これは切り刻まれてハイトーンなサビに比べて、キャッチーになると感じる。Perfumuの歌唱力は??だが、これならば十分にキャッチーなサビとして受け入れられ、覚えやすい、といったところか。

で、ひとつ気になったことが一点。楽曲の中で何曲かギターが入っているのだが、このギターのアタックだけが微妙に後ろにずれている。このギターサウンドが本物のギターなのか、エミュレートなのか、サウンドブレイクなのかは定かではないが、ギターだけ後ろにずらしてあるのは、これは意図的なモノなんだろうか?たしかにギターというものは打ち込みの際、ストロークというものを再現しなければならないが、それにしても全体がうしろにこれだけずらしてあるのは、全体的なサウンドとしてのアナログ感を残したいからだろうか?不思議だ。。

まぁ、そんなこんなで自分なりに分析してみたが、先述したとおり、中田ヤスタカサウンドは、私は好きである(^^;)

Perfume自体はどうでもいいが、中田ヤスタカの今後に要注目である。


Perfume First Tour 『GAME』


《送料無料》Perfume/ トライアングル(通常盤)(CD)


LIAR GAME オリジナル・サウンドトラック/中田ヤスタカ[CD]


capsule(中田ヤスタカ)/FLASH BACK

“「Perfume ~Complete Best~」(中田ヤスタカ) を買ってみた” への8件の返信

  1. >amyloseさん

    たしかに動きもすごいですねよね(^^;)

    違う番組で見ましたけど、ソロの部分とかクチパクじゃなかったですよ。
    基本的にはクチパクで、ソロがあってもきちんとあのエフェクトはかけてるみたいです(^^;)

    曲と違って、あのメンバーの天然ぶりったら・・・・(笑)

  2. 某音楽番組、ちょうどPerfumeのとこだけみました。
    動きが・・・!動きがすごかったです。
    どう見てもクチパクなのですが、
    生で歌ってたら、その歌声をわざわざエフェクト…?
    テレビ曲で…?などと悶々と考えてました。
    別に「うわーやっちゃったなー」とかは全く感じませんでしたが、
    テレビ出演はかなり驚きでしたねえ

  3. >JunYamaさん

    おお、音楽の趣向も同じなのですね(^^;)

    その番組見てないんですよ~~(ToT)
    見たい見たいと思ってたんですがね~

  4. あちゃ~(^^;)
    またまた、showBOOさんと似ている部分発覚v(^^)v
    まさか、自分の好きなサウンドがまさか、重なっているとは…(*_*)やっぱり似たもの同士なようで、どうしましょう(A^^;)ちなみに、ポリリズム他、数曲携帯のミュージックの中にダウンロードしちゃいましたv(^^)
    先日、某局のTV番組T・Rに出演していましたが、ごらんになられましたか?

  5. んもう!買ったCDが「ポリリズム」だったら、借りようと思ってたのにっ!

    中田ヤスタカって、色々やってるよね~。
    最近のcapsuleは、ちょっと好みじゃないけど、初期から少し前までのcapsule (それこそ、ハウスシチューのCMで使われたレトロ・メモリーの頃) は大好きだぁ!

    >amyloseさん

    旦那さん、いい趣味ですね(ニヤリ)。
    私も、copterのperfect joke持ってますよ~!
    ついでに、その後に出た2D2Dも。結構イケてます。

  6. >amyloseさん

    ハウスシチューのCMは気が付かなかったですね(^^;)

    やはり、うっき~とは気が合いますな(笑)

  7. 今度はうまくいくかな・・・?
    (前、ろくろのエントリにコメントつけようとしたら
     エラーだったのですよう。)

    中田ヤスタカのCupsule、去年だか一昨年だか、
    はたまたそれよりも昔だったか
    「ぽかぽかーするよねーさあうちにかーえーろー」って、
    ハウスシチューのCMに使われてましたねえ。
    あと、中田ヤスタカ関連CDだったら「Copter」の
    「PerfectJoke」ならうちにもあります~。旦那の趣味ですが。

    そんなわけでPerfumeがずっと中田ヤスタカだったのは
    今聞いてみたら「ああ。ほんとだ」って感じなわけなんですが
    つい最近プロデュースしはじめたのだと思っていたので
    BOO様のブログ拝見して驚いたのでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。